春のそよ風夏の雨

嬉しいひととき。好きなこといろいろ書いています。

「没後110年 カリエール展」@損保ジャパン日本興亜美術館

2016年09月18日 | 美術鑑賞(博物展も)
没後110年 カリエール展」@損保ジャパン日本興亜美術館に行ってきました。

ぜんぜん、知らない画家だったのですがチラシの絵に心惹かれました。
セピア色の画家。一色だけで描いているのかと思うくらいにほんとにセピア色。
微妙に黒っぽい茶、オレンジに近い茶・・・と違いますし、
頬にピンク、唇に赤・・・と言った風なので、色はちゃんとあるのですが、
遠くから数枚の絵を眺めても同じ色の様に見える。

描かれているのは、女性、女の子、母と娘・・・
風景などもありますが、ほとんどは穏やかで柔らかな女性。
穏やかで静かな温かさがあります。

だいたい印象派の画家と同時代。
色使いも、描いているものも他の画家と比べると地味。
でも、そんなことは良くって、穏やかで柔らかく、優しく静かな絵を
描いていきたかった方なのかなと思いました。

この静かな雰囲気は好きですね。

Eugène Carrière, 1849-1906 : [exposition organisée par les] Musées de Strasbourg, Ancienne douane, 19 octobre 1996-9 février 1997
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「生誕120年記念 小林かいち... | トップ | 「古代ギリシャ―時空を超えた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美術鑑賞(博物展も)」カテゴリの最新記事