春のそよ風夏の雨

嬉しいひととき。好きなこといろいろ書いています。

「浦上玉堂と春琴・秋琴 父子の芸術」@千葉市美術館

2016年12月13日 | 美術鑑賞(博物展も)
浦上玉堂と春琴・秋琴 父子の芸術」@千葉市美術館に行ってきました。

確か、日曜美術館で見ていこうと思いつつ忘れていたもの。
前期には国宝も出たんですね。ちょっと残念。

父と息子たちによる作品の展示会ですが、三者三様に違う
ところがよかったです。

ワイルドで自由な父の作品
上品で美しい長男の作品
繊細な次男の作品

今の時代は、分かりやすい父の作品が人気があるという
のは、分かる気がします。
そして、当時は美しく気品のある長男の作品の方が人気が
あったというのも分かるような思います。

父の作品は行き過ぎと思うものもあり、
静かにしみじみと伝わってくる長男の作品の方が、
このような展示会では好きかも。
一作品だけなら、父を選ぶようにも思うけれど。

浦上玉堂 (新潮日本美術文庫)
クリエーター情報なし
新潮社
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「円山応挙」@根津美術館(... | トップ | 保坂和志「地鳴き、小鳥みた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む