春のそよ風夏の雨

嬉しいひととき。好きなこといろいろ書いています。

エルケ・ハイデンライヒ+ミヒャエル・ゾーヴァ「エーリカ」

2017年10月09日 | 和書
エーリカ あるいは生きることの隠れた意味
エルケ・ハイデンライヒ+ミヒャエル・ゾーヴァ
三修社


こちらもゾーヴァさんの絵だからと持っていた本なのですが、
エルケ・ハイデンライヒさんの本は今まで読んだ本は全部
予想がつかないというか、えぇっという展開が多くて面白いです。
この本もまた・・・。

一時期一緒に住んでいた二人。
別れてそれぞれ結婚したが、今は独りになっている。
クリスマスに久しぶりに会うことになったが・・・。

こんな展開になるとはびっくり。
安易ではなく、なんとなくほろ苦いような、それでいて温もりがあるような
不思議な余韻が残ります。

エルケ・ハイデンライヒさん、もっと読んでみたいな。




『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エルケ・ハイデンライヒ+ミ... | トップ | C・S・ルイス「ナルニア国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

和書」カテゴリの最新記事