春のそよ風夏の雨

嬉しいひととき。好きなこといろいろ書いています。

スペイン語の本どこで買う?

2017年06月13日 | スペイン語多読・関連書・参考書など
多読向きのスペイン語の本は大きく4種類に分けられると思います。

①スペインで刊行されたスペイン語の本
ドイツ語、英語などからの翻訳の割合が結構高いです。
絵本は芸術的な絵が多めです。

②ラテンアメリカで刊行されたスペイン語の本
おはなし、絵どちらもとてもオリジナルな感じのものが多いです。

③アメリカで刊行されたスペイン語の本
基本的にはアメリカで刊行された人気のある英語の本の翻訳。

④レベル別のリーダー
スペインやアメリカで刊行されているリーダーもありますが、
ドイツで刊行されているものが特に多いように思います。
ドイツの本を読んでいると、観光といえばマジョルカ島という感じなので
スペイン語も人気なのかな。CD付きも多いし、値段も安いものが多いです。
ドイツのレベル別リーダーは、
出版社名+スペイン語、spanisch lernkrimiなどで検索してみてください。
(krimiは推理小説なので、lernkrimiは学習用推理小説みたいな意味になるのかな。)

ドイツのレベル別リーダーをちょっと紹介。
¡Adiós, enemigo!: Lernkrimi Spanisch. Grundwortschatz - Niveau A1
Elena Martínez Muñoz+Anna Pou
Compact Verlag Gmbh


Journalistin Luisa Durango ermittelt: Las trece calaveras: Lextra Spanisch Lernkrimis. Krimi-Lektuere mit Hoerbuch. Europaeischer Referenzrahmen: A2/B1
Andrea Bucheli Gomez+Jaime González Arguedas
Cornelsen Verlag Gmbh


El sueño de Xavi: Spanische Lektuere fuer das 1. Lernjahr
Horst Moser
Klett Ernst /Schulbuch


おまけ
⑤スペイン語教材
NHK出版などからスペイン語リーダーがでていますし、
スキットが多いスペイン語の教材なども結構あります。
教材だけでも結構スペイン語多読はできそう。
これは、日本の書店はどこでも取り扱っているのでお店の案内にはいれません。

私がスペイン語の本を買っているのは、
<1>Amazon
買えるのは・・・
①スペインで刊行されたスペイン語の本(ただしマーケットプレイス)
②ラテンアメリカで刊行されたスペイン語の本(ただしマーケットプレイス、ほんの一部の人気作家のみ)
③アメリカで刊行されたスペイン語の本
④レベル別のリーダー

<2>ミランフ洋書店
翻訳家の宇野和美さんが運営されています。
基本的にスペイン語オリジナルと日本語のスペイン語訳作品のみ。
作家の出身地も書かれていますし、作品案内も丁寧です。
「スペイン語で書かれた作品が読みたい」という方には一番オススメ。
買えるのは・・・
①スペインで刊行されたスペイン語の本
②ラテンアメリカで刊行されたスペイン語の本

<3>紀伊國屋書店(web store)
買えるのは・・・
③アメリカで刊行されたスペイン語の本
④レベル別のリーダー

<4>Books Kinokuniya Tokyo
買えるのは・・・
①スペインで刊行されたスペイン語の本(易しい子ども向けの本はほんの少し)
③アメリカで刊行されたスペイン語の本

<5>Amazon.co.uk
私の場合は、基本的に日本語でやり取りできるお店が最優先、欲しい本があれば
英語でやり取りできるお店まで範囲を広げています。
原則スペイン語でやり取りするお店は自信がないので買っていません。
基本的にスペインで刊行された本で読みたい本がある場合の選択肢として利用しています。
買えるのは・・・
①スペインで刊行されたスペイン語の本
②ラテンアメリカで刊行されたスペイン語の本(ほんの一部の人気作家のみ)
③アメリカで刊行されたスペイン語の本
④レベル別のリーダー

<6>ブックオフ
スペイン語の本と出会える確率は高くないのですが、ときどき掘り出し物に出会える
時も。数年間で30冊くらいかな。
私の場合、出版社所在地で買っている本も多くて、スペイン語かと思ったら
カタルーニャ語じゃないという本も数冊混じっていました。

<7>その他
ごくまれですが、丸善のバーゲンなどでスペイン語の本を見ることがあります。
でもここに当てはまるのはほんの数冊だけ。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Amanda Quick「The Paid Comp... | トップ | 海野弘「おとぎ話の幻想挿絵」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む