春のそよ風夏の雨

嬉しいひととき。好きなこといろいろ書いています。

「19世紀パリ時間旅行」@練馬区立美術館

2017年05月16日 | 美術鑑賞(博物展も)
19世紀パリ時間旅行」@練馬区立美術館に先日行ってきました。

失われたパリの復元: バルザックの時代の街を歩く
鹿島茂
新潮社


をもとにした展覧会だそうで、Twitterで知ってから楽しみにしていました。

鹿島茂による昔のパリ案内本は好きなので、本の中の小さい図版ではなくて、
実際にいろいろなものが見られるなんて、もうチャンス!という感じですよね。

パリの様子を描いた版画やエッチング、地図などが中心。
風俗画、ポスター、ドレス、本の展示などもありました。

こういう本の展示を見ているとアンティーク本欲しくなりますね〜。

本や絵のフランス語を少し読みながら眺めました。
難しいのもあるけれど、それなりに分かるのが多くてちょっと嬉しい。

いわゆる絵画(特に油絵)の展示は多くはなかったのですが、
アンリ・ルソー、ルノワール、ドガは初めて見る作品で素敵でした。
ユトリロは数点展示されていました。
それから、北斎の富嶽三十六景を模したエッフェル塔三十六景という作品が
半分くらい展示されていたのが面白かったです。
雪の表現がまさに浮世絵調。

同時開催で、「レ・ミゼラブル」の挿絵の展示があったのですが、
貴重な原画の写真(鶏卵紙プリント)を見ることが出来ました。
小さなプリントですが原画の美しさが伝わってきました。
彫るときにかなりいじっているのですね。

とても充実した展示会でした。

図録はこちら。
19世紀パリ時間旅行 失われた街を求めて
鹿島茂
青幻舎
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小林朋道+百瀬義行「タゴガ... | トップ | Mensje van Keulen+Jan Jutte... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

美術鑑賞(博物展も)」カテゴリの最新記事