春のそよ風夏の雨

嬉しいひととき。好きなこといろいろ書いています。

「カラヴァッジョ展」@国立西洋美術館

2016年06月08日 | 美術鑑賞(博物展も)
カラヴァッジョ展」@国立西洋美術館を再訪。

カラヴァッジョの絵は日本には一枚もないので、
世界のあちこちに帰ってしまう前に、もう一回と見に行きました。

次は、イタリアで会えたら嬉しいな。
もちろん、日本にもまた来て欲しいけれど。

やっぱりカラヴァッジョの絵は、あきらかにオーラが違って、
引き込まれます。

もっと知りたいカラヴァッジョ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)
宮下規久朗
東京美術
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Lane Smith「The Big Pets」 | トップ | Ruth Krauss+Crockett Johns... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カラヴァッジョ展 (dezire)
2016-06-12 15:44:19
こんにちは。
私もカラヴァッジョ展を見てきましたので、興味を持って読ませていただきました。『バッカス』の個性的で強いインパクトをしそませた一見穏やかで静かな表現、『エマオの晩餐』の闇を切り裂くような光の表現、『ナルシス』の刹那的に美しく表現、死の間際のマグダラのマリアが神と一体感になった法悦に浸っていることを見事に表現した『法悦のマグダラのマリア』など、心に強い衝撃を与える作品の数々に圧倒されました。


今回のカラヴァッジョ展からカラヴァッジョの絵画の魅力と美術史を塗り替えたかを考察してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。








こんにちは。 (けい。)
2016-06-13 01:04:20
サイト、興味深く拝見させていただきました。

コメントを投稿

美術鑑賞(博物展も)」カテゴリの最新記事