春のそよ風夏の雨

好きなこといろいろ書いています。

Mensje van Keulen+Jan Jutte「Tien Stoute Katjes」

2017年05月17日 | オランダ語多読・関連書・参考書など
Mensje van Keulen+Jan Jutte「Tien Stoute Katjes



オランダ語のしくみ《新版》 (言葉のしくみ)
クリエーター情報なし
白水社


を読み途中なのですが、少しずつドイツ語や英語と似ている部分、違う部分が
分かってきます。
この本を読んでいると、少しオランダ語が分かった気になって絵本を読んでみました。

古本屋さんやバーゲンなどで見つけてはすこしずつ買い集めてきた本。
今ならある程度多読できるくらい本が揃ってきたかも。

さて、「Tien Stoute Katjes」は十人のインディアンのような内容。
猫が一匹ずつ減っていきます。
日本料理を食べに行くというのもあったりしてちょっと面白い。

再読ということもあって、まずまず分かりやすいです。

邦訳版がありました。
10ぴきのいたずらねこ
メンシェ・ファン・キューレン+ヤン・ユッテ
朔北社


『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「19世紀パリ時間旅行」@練... | トップ | Dick Bruna「Opa en Oma Pluis」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む