春のそよ風夏の雨

嬉しいひととき。好きなこといろいろ書いています。

赤瀬川原平「赤瀬川原平の印象派探険」

2017年11月01日 | 本(美術書)
赤瀬川原平の印象派探険 (別冊太陽―日本のこころ)
赤瀬川原平
平凡社


この本、前にAmazonで偶然見つけて中古本を買ったのだけど、
よく見てみると1997年刊行なんですね。

中に出てくる写真が若いなと思ったら。

印象派の案内本として、この本は好きですね。

キリスト教絵画の本などは、「読み方」の本になるので
ある程度誰の本でも内容が同じになるのだけれど、
印象派の前くらいからは「共通の読み方」が無くなるから、
どうとらえていくかというのは、著者によるなぁと思います。

なので???と思う本もあれば、すごく頷ける本もあるし、
そういう見方があるんだって刺激的な本もある。

この本には、刺激と頷きがありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加