久し振りに怒髪天に会う。それとは別に、スマホを手にした俺の災難話。

2017-05-16 21:14:19 | Weblog

一昨日の日曜日は久し振りに「怒髪天」に会いに磔磔に行ってきた。

ライヴもちゃんと見れて、きっちり良い歌、良い演奏だったし

終演後、バックステージで彼らに、短い時間だったけど会えて、心が和んだ。

彼らは本当に変わらない。

いいことだ。そして、いいバンドだ。

そのうち、またいつかみたいにライヴ後、打ち上げに潜り込ませてもらうから、

そのときにゆっくり飲もうね(←あつかましいこと言ってる)。








さて

俺は黄金週間に、実はついに「スマホ」というものを持つハメになった。災難だ。

ガラケーを愛してたのに。

しかしガラケーでは「渋滞情報」が出ないのだ。「ナビ」も、ガラケーでは無理なのだ。

俺の本業は音楽なのであるが、「世を忍ぶ仮の姿」として、運送屋の社員でもある。

運送屋の同僚連中はみなスマホで道路情報を得ている。

ガラケーを持つ俺は、鼻で笑われてしまうのだ。


そして手にしたスマホ。

薄々恐れていた(←変な日本語)のだが・・・・・・・・・・・・タッチパネルが俺の指ではなかなか反応しない。

そうなのではないか、と思ってはいたのだ。

10回のうち9回は反応なしである。


大体俺は昔から・・・・・・・・

まず、あの自動ドアというヤツの反応の無さ、に困らされて生きてきた。

昔は、昆虫ほどの体重しかなかったので、そのせいか?と思っていたのだが、

自動ドア業界が進化して、重さで反応、という方式から変わって、

センサーでヒトを知覚して開く、というシステムになったのに

・・・・・・・・・・・・俺がドアの前に立っても開かない。

しばらくドアの前でジタバタしてやっと開く始末。

毎回俺は、馬鹿みたいである。


お店などでも、俺が店員を呼んでも、来たためしがない。


「すいませーん」「すいませーん」「すいませーん」「すいませーん」「ごめんなさーい」

「申し訳なーい」「エクスキューズミー」「すいませーん」「おーい」


俺は声はデカイのだ。でも誰も気付かない。

それにしても何で俺は大声でこんなに何度も謝ってるんだ。

しかし、いつも・・同行の誰か(誰でもいい)が「あのー」とちょっと言っただけで

「は~い!」とすぐ来る。


俺は「いない」のか?もしかして。


存在が「耐えられないほど希薄」なのか?

「オーラ」がない?、いや、そんなもの、何の役にも立ちやしねえんだからいらないよ。


しかし、

タッチパネルが反応しないほど希薄なのだろうか?俺って。


そういえば最近はついに、

鏡を見ても俺は映らない。そこには誰もいない。

ヒゲを剃りにくくて難儀している。


写真を撮っても俺は写らないであろう、という自信がある。

街にたくさんある、あの「防犯カメラ」にも俺は写っていないだろう、たぶん。


はたして・・・市役所に行ったら、「戸籍」は、あるだろうか?


誰か、俺の事を覚えている人が、この世に存在するだろうか?



その前に、俺は存在したのだろうか?




錯覚?







・・・・・・・・・・・スマホなんか手にしたおかげで、


「自己の存在」を疑うハメになってしまった。






とほほ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪しからず。 | トップ | 確率の問題 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自動ドア (ノグチサトキ)
2017-05-18 12:27:44
自動ドア・・・
共感してつい投稿させてもらいました。

実は、私も自動ドアの前に立ち、
地団太を踏むこと数知れず。

常々、なんでかとずっと思ってましたが、
私だけではないのですね(笑)

ちなみに私も最近、スマホにしたんですけど、
メールの時とか、スルスルしてイライラしてる
今日この頃です。

お邪魔しました。同じく1966、
季節の変わり目、ご自愛を!
お仲間 (片山道郎)
2017-05-18 21:43:23
おお!ノグチさんも、お仲間だったとは!嬉しいデス!

もしかして鏡にも映らないんじゃないデスか(笑)?

それにしても、スマホって気が利かないよねぇ。

全然スマートじゃない。

コメント、ありがっとデス!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL