「本性」もしくは「一銭ピー(いっせんぴー)」。

2017-06-30 21:31:33 | Weblog

ひとの「本性」っていうか、

・・・「素」っていうか。


そのひとが本当はどんな人間なのか?っていうのは


穏やかに物事が進んでいるときにはわからない・・・のかも知れない。



例えば


追い詰められたとき、


もしくは


けっこうヒドい痛みを抱えているとき、


それとか


何かと、精神的にギリギリのとき、


もしくは・・・一銭ピーのとき。


(「一銭ピー(いっせんぴー)」ってのは、「一文無し」と同義。)




そういうときにこそ、「本性」は現れる・・・・・のかもしれない。





そのひとが「他人に優しくしよう」と強く願っていたとしても


「本性」では全然優しくなかったりとか。



高潔でありたい、と心から思っていたとしても


土壇場で無意識に卑怯な、姑息な手を使ってしまったりとか。



いつもいつも、ゆったりと鷹揚に構えていたい、そういうひとしか好きじゃない・・のに


ピンチのときに大慌てして、ちゃんと対処出来なかったり。



正しく在るべきだ、と本気で思っているのに


道義的に間違った行動を 迷いも無く実行に移してしまったり。


(具体的には(一銭ピーだから)、食い逃げしてしまったり、とか。)






「本性」っていうか

そのひとの


底のほうに潜む「邪悪さ」みたいなもの。





むむむむ。







でも逆に

そのひとの底のほうに潜む「善良さ」ってのも



あってしかるべきだし、



きっとある  だろう?



と思うのだ。








それにしても





「ひと」ってそれぞれ


ムツカシイよ。























ところで本編の話とは全然関係ないんだけど





「一銭ピー」っていい言葉だよな。





よく一銭ピーの状態で俺は





街を彷徨ったりしてたよ。




・・・・・・・・・・・・・今?


今は、ジャラ銭くらいなら、持ってる。






だから心配ない。










今度、駄菓子屋でガムくらいなら、





おごるぜ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自己肯定、自己嫌悪。 | トップ | 法事、その夜に見た、久し振... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL