桑原通夫のネットビジネス講座

ネットビジネスに興味をお持ちの方の参考になるように、多方面からブログを書いています。応援してくださいね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

金に困ったら・・・・自分のせいです

2017-01-30 20:37:24 | 日記
こんばんは。

桑原通夫です。




宗教への勧誘がありました・・

相手がお客様ですから‥難しいところがありますが、

そんな時に

私は有耶無耶にせず・・はっきりとお断りさせて

いただくことにしています。




無神論者だから‥等というつもりはありません。

むしろ、普通の人よりも熱心に宗教を学んだ経験があります。




そんな中で・・宗教を考えた場合・・人の寄進で荘厳な

神殿を建てたり・・

教祖がきらびやかに着飾っているようなものは、

違和感があります。




神仏は自分の心の中に育てるものだと思います・・

もし・・生き方を指南するのであれば・・哲学として




幸せに生きる方法を教えてあげればいいのです。

教える場所も、ちょっとした集会所でも、十分です。




何かに依存させたり、帰依させたりするのは

信者を強くすることにはなりません。




宗教は、人に勧めることでも、人から勧められて縁を結ぶ・・

というものではなく、

自分の判断で、縁を結ぶものだと思います。




ただ・・何かを信じて・・自分の道しるべとして生きることは

とても大切なことだと思っています。

宗教に限らず・・自分の道しるべを持つことは、人生の大きな力となります。




世の中には・・有難う・・という言葉を数多く唱えれば幸せになれる・・・

あるいは・・ついてる、ついてる・・というだけで幸せになれる・・

という人がいます。




確かに、ありがとう・・という言葉が多く聞こえた方が

気持ちはいいですよね。




でも・・ご苦労様・・でも、助かりました・・でも、何でもいいわけで

人に何かをしてもらったときに・・自然に感謝できる人は、

人間関係もうまくいきます。




何をもって・・幸せかは、人それぞれですから、一概には言えません。

しかし・・いろんな人から気に入ってもらえる方が、幸せだと思います。




そして幸せにとても重要な役割を担うのは・・お金だと思います。

ついてる・・ついてる・・といえるのも、お金があるからです。




つつましやかに・・あるものを分け合って暮らすのもいいと思いますが

出来れば・・お金のやりくりの苦労から、解放された方が、心穏やかに

暮らせるわけです。




私も若い時は、幸せにお金はあまり関係ないのでは・・と思っていました。

それよりも、自分が本気でやりたい対象物と出会えることや、

気の合う仲間がいることのほうが、重要だと思っていました。




老後のことを少しずつ考えるような年齢になってくると・・・

やせ我慢にも‥無理があると思うようになります。




第一・・本気で何かに挑んできたなら・・豊かになる方が自然な気がします。

お金とは・・結局信用で取引されるわけですから・・・

人に信用される人にお金が集まる・・とも言えます。




もし・・お金の問題を抱えている・・としたら、どこか間違った

判断をしてきた・・ということです。




どこか自分に甘さがあったから・・

他人様から。信用されるような振る舞いで無かったから・・

そのような状況になっているわけです。




そこに気づいたのは・・恥ずかしながら、かなり遅い時期でした。




本当のことを言えば・・・50歳ぐらいから

薄々気づいていたのですか・・・正面から、向き合おうとしませんでした。




還暦を前にして・・いよいよ本気で考えるようになった・・ということです。




本当であれば・・30歳ぐらいから、しっかりとお金の勉強をすべきだったと

反省していますが・・・その分、今後に生かせばいいと思います。




問題は・・・気が付いてからのことです。

なぜ?いい年をして・・いまだに借金があるのだろうか・・と考えました。




一言で言えば・・自分の働き以上の生活をしてきた・・ということです。




それから・・・キチンと生きてこなかった・・とも言えます。




やるべきことをしっかりやらずに、やりたいことを第一に生きてきた・・・

ということです。




周りが大体似たようなものだから・・・と自分を正当化してきました。

自分の人生ですから‥・周りがどうこう・・というのは全く無関係です。




やりたいことを優先してきた・・・わけですから、自業自得なわけですが

人生は‥何時からでも、方向転換ができる・・・と

思うようになってからは・・・

自分を正当化することをやめました。




八方美人ぶる・・のもやめました。

自分に正直に生きよう・・と考え・・

強く思ったことは、経済的に困らない生活を最低でも

実現しよう・・ということです。




それまでは・・借金しながらも、どこかで

一応頑張って返済するけれども・・・何かあった場合は

最後まで返せなくても仕方ないかな・・などと

甘い考えがありました。 




二度もマイホームを建てたことも・・間違いでした。

車も2台所有し・・バイクも2台所有していたことも・・

大人の判断では無かった様に思います。




迷ったらやる・・・なんて生き方も、深く考えるのが嫌で

何も考えずに済む‥楽な判断法を選んだ・・だけでした。




多くの失敗を繰り返してきたように思います。

慎重さにも大分かけていました・・




ネットビジネス・・という、怪しげな世界に足を踏み入れたことで

世の中の仕組みが理解できるようになりました。




そして今・・・大分やるべきことをしっかりやれるようになりました。

しなくてもいいことを・・断るようにもなりました。




全ては・・無借金人生と経済的な自由を手にするためです。

はっきりとした、人生モデルを描くようになりました。




不安だった老後が・・・今の生き方を続けることで

楽しみなものになるような気がしています。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

メルマガ登録もよろしくお願いします。







<style>



</style>



無借金人生を送るために・・・






<form action="https://karisuma.net/p/r/rtuv88Yj" enctype="multipart/form-data" id="UserItemForm" method="post" accept-charset="utf-8">

<input type="hidden" name="_method" value="POST"/>












<label for="Username1" class="form_input_label"> 姓 </label>

<input name="data[User][name1]" id="Username1" value="" class="form_input_input" type="text"/>





<label for="Username2" class="form_input_label"> 名 </label>

<input name="data[User][name2]" id="Username2" value="" class="form_input_input" type="text"/>





<label for="Usermail" class="form_input_label"> メールアドレス </label>

<input name="data[User][mail]" id="Usermail" value="" class="form_input_input" type="text"/>








<input type="submit" value="確認する"/>


<input type="hidden" id="server_url" value="https://karisuma.net/"/>



<input type="hidden" name="data[User][referer_form_url]" value="" id="UserRefererFormUrl"/>

<input type="hidden" name="data[User][referer_url]" value="" id="UserRefererUrl"/>




<script type="text/javascript">



</script>






</form>






<script src="https://karisuma.net/js/validation.js"></script>













ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人はなぜ不安を解消できない... | トップ | 時天空が死去・・悪性リンパ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。