いのちのかたち Shape of life  

画家 亀井三千代 記
「身体曼荼羅」春画と解剖図
michiyo kamei diary

趣味、「録画した映画を観ながら食事をする」と書いた

2017年07月13日 21時27分06秒 | 日記


観てしまった。しかも食事しながら。

先日、とあるアンケートで
趣味は何かと問われた。
「録画した映画を観ながら食事をする」と答えた。

映画がなくては、もう日常が成り立たない・笑

もともとホラー好きなので「スリザー」も録ってしまっていた。
観てびっくりしました(@_@;)

なんていうか、歴代ホラー・スプラッターのエグい部分だけ
つなぎ合わせたような映画でした。

宇宙からの幼虫に寄生されるところは「エイリアン」
形態は「遊星からの物体X」
グロい姿になっても、人間時代の淡い恋愛感情が残っているところは「フライ」
噛まれて伝染していくところは「ゾンビ」
口から緑色のものを吐くところは「エクソシスト」、などなど

詳しい人が見たら、もっとあるのかもしれないけど
あまりにもベタなので、これ笑って良いのかどうか…

スリザーで検索したら「ホラー・コメディ」とあって
やっぱり!笑

何の精神性もなく思いっきりグロいだけというのは
かえって痛快だ。

そして、私の中に残った疑問はただ一つ
「欧米人は何故あんなにゾンビが好きなのか」

とは言え、この映画の場合
ゾンビが出てくると少しほっとする。

なぜなら動きが鈍いから・笑
でかいナメクジみたいなやつの動きが速すぎて怖い。
観る勇気ある人はyou tubuどうぞ。↓

★スリザー:(Slither)2006米 James Gunn初監督作品。

予告you tubu https://www.youtube.com/watch?v=pU5lVlFIvg8


ああ、制作が修羅場に入って辛い。無事抜けられるのでしょうか…

『絵画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ART OSAKA 2017」はネコた... | トップ | 第6回座の会展 「座2017」 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事