インドで作家業

ベンガル湾と犀川をこよなく愛するプリー⇔金沢往還作家、李耶シャンカール(モハンティ三智江)の公式ブログ

2016最後のベンガル海サンセット(写真)

2016-12-31 17:56:36 | 季節・自然
大晦日の今日、サンセットに間に合うよう、午後五時前浜に出た。
ちょうどオレンジ色の夕日が沈みかけているところで、薄曇りの陽気だったため見えないのではないかと危ぶまれたが、本年最後のサンセットを感謝の気持ちをこめて仰ぐことが出来て感無量であった。

光輝が弱く、淡い橙の斜陽は夕もやに呑まれてさらにおぼろになり、あえかなピンクの円になったあと、灰色のもやに呑まれていった。
日没後、付近の空が桜色に染まり、引き潮の波打ち際が薄い薔薇色に照り映えた。

沖合いに何十艘もの船が出ていた。蒸気船のぽんぽん響くエンジンの軽やかな音が潮騒を縫って耳元に届く。ひたひたの透明な潮にくるぶしを浸すと、ひんやり冷たかった。

今年最後のサンセットタイムを、家族連れ観光客が思い思いに堪能、行楽用の白馬やらくだにまたがり、沈むゆく聖なる日没を楽しんでいる者もいた。

聖河ガンジスの流れ着く先のベンガル湾は聖なる海、敬虔なインド人たちはうしおを手にとって額を濡らし、拝礼、私もラストデーに透明なせせらぎに足を浸せて、みそぎ感覚を味わった。

朝寝坊なのだが、明日は十数年ぶりに初日の出を拝もうともくろんでいる。

以下、2016年ラストのベンガル海に沈む入り日を撮影したので、どうぞ。













『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅葉名所・九品仏浄真寺(写真) | トップ | 来たる新年に向けてのご挨拶 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

季節・自然」カテゴリの最新記事