インドで作家業

ベンガル湾と犀川をこよなく愛するプリー⇔金沢往還作家、李耶シャンカール(モハンティ三智江)の公式ブログ

怒涛の一日ー取材裏の秘話

2017-08-11 20:06:44 | ラッパー子息・音楽ほか芸能
本日は息子(インドおよびその周辺国で活躍するラップミュージシャンBIG DEAL、28歳)の紹介記事が福井新聞に掲載されたことで、朝からあわただしくゆっくり食事している暇もなかった。
それにしても、後にも先にも、私の人生でこんなに興奮したことはない。
自分の本の紹介記事が載ったときだって、こんなに高揚はしなかった。親ばか丸出しだが、そうなる理由はそれなりにあった。

地元二大紙のアポを取るまでなかなか苦労したいきさつがあったのだ。最初打診したときはなしのつぶて、こりゃあだめかと諦めていたら、遅れて連絡があって、先方のミスでメールがきちんと受理できていなかった経緯があった。いったんは、息子にだめそうだからとメールし、息子もがっかりして母に中途合流しての日本行きは取りやめになりそうな雲行きだったのである。

だから、あっけなく取材受諾を知らされたときは、拍子抜け、急遽息子の来日も決まった。
最初は日刊県民福井一紙のつもりだった。
しかし、過去に敷居の高い福井新聞(二十万部の発行部数の最大地元紙)にも、拙著の紹介記事が二度載った経緯があったことから、思い切ってトライ、息子のCDやキャンペーン用Tシャツを送ったが、返事はなく、異動は間違いないと知りつつも、五年前、拙著の紹介記事を書いてくれた記者に連絡を取ってみた。
案の定、整理部に異動したとのことだったが、取材依頼の内容を聞くと、面白いといって、文化生活部に話を持っていってくれることになった。つまり口ききしてくれたのである。
が、依然連絡はなく、思い切って文化生活部に電話してみると、取材受諾は問題ないのだが、どこでやるかということでためらっていたことがわかった。つまり、金沢在住だったため、渋っていたらしく、即座に福井に出向く旨告げると、とんとん拍子に話は進み、こちらの指定で7月20日の午前と決まった。

一日で取材を終えたかったので、それ以前にアポをとっていた先行紙の日時・20日の午後を鑑みて、同日午前を指定したら、すんなりOK、すべてがお膳立てよく運び、前日は勝山市の恐竜博物館観光も済ませ、午前と午後の取材に望んだが、両紙とも大成功、そして、先月28日に日刊県民福井、今月11日の福井新聞掲載へとこぎつけたわけだった。

記事内容はアングルが違い、それぞれの新聞の特色を打ち出しているが、福井新聞はデジタル版で、息子のインタビュー動画を公開してくれたのがありがたく、インパクトが強く、人気記事NO1のランクイン、また二日前に福井に捧げるラップソングが完成したこともあって、11日の記事掲載に間に合ったのもラッキーだった。

取材時も掲載時も、まさにスター並みの厚遇で、私も感激した。
息子もインタビュー動画にことのほか喜び、SNSでせっせとファンとシェアしている。

来年息子は渡米予定なので、親としてできるだけのことはしてあげたかったし、私の少ないコネを精一杯活用して何とか取材の成功にこぎつけたのが、感無量だった。
私も還暦を過ぎて決して万全というわけでなく、今でないとしてあげられないこともあるから、つい力が入ったのだ。

おまけとして、息子との水入らずの二週間も日本で過ごせた。彼ももう立派な大人だし、母子でこんな風に過ごせる機会はもうないかもしれないと思うと、貴重な体験だった。とても思い出深い日々になった。

あとのことは、福井在住の旧友M31さんが惜しみなく支援してくださり、心強いばかりで、今FUKUI LOVEの視聴回数を増やすべく、宣伝普及にまい進してくださっている。
私も親族・友人知人にせっせと送りまくり、支援の輪を広げてくれるようお願いし、メルマガその他でもお願いして、がんばっている最中。

度重なるお願いながら、拙ブログの読者諸氏も、初の日本語混じりの日本をテーマにしたラップ、BIG DEALのFUKUI LOVEを周囲の方々に広めていただければ、幸甚である。
Fukui Love - Big Deal | 福井に捧げるラップソング | Dedication to Fukui,Japan

ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福井新聞8.11デジタル版より | トップ | ユーチューブにアップされたB... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ラッパー子息・音楽ほか芸能」カテゴリの最新記事