インドで作家業

ベンガル湾と犀川をこよなく愛するプリー⇔金沢往還作家、李耶シャンカール(モハンティ三智江)の公式ブログ

息子の福井・地元紙取材

2017-06-17 14:13:01 | 私・家族・我が安宿
今日は夏日だ。
金沢に入って十日、昨夜は今月5日のインド発日航便での白ワイン(本格フランスワインの200mlボトル二本)サービス来、繁華街香林坊のサイゼリヤでポテトフライ、キャベツとアンチョビのソテー、パンチェッタのピザをつまみに白ワイン250mlを堪能した(これでたったの1000円以下)。

一人酒はいつもサイゼリヤと決めている。健康的で格安。しかも、金沢ブランチは109ビルの四階で、窓からの眺めがすこぶるいい。

私用でばたばたしていて、今月23日は日刊県民福井での取材打ち合わせが入っている。

息子を取り上げてもらえることになったのだ。

というわけでインタビューに合わせて、息子が帰国する可能性も高まった昨今、彼とのメールやり取りで、図書館の45分制限ネットタイムは終わってしまう。

今後も記事は途絶えがちになると思うので、ご容赦を。
ジャンル:
速報
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関係者はジュリーのサインを... | トップ | 多忙につき記事中断 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (植田義弘)
2017-06-19 01:58:09
同じ質、同じもの食べてもインドだとここまで安くないですよね。

ブログの方にメッセージを入れてしまって申し訳ありません。FBとhotmailにメッセージを送らしてもらいましたのでご一読頂けると幸いです。
おなつかしいです! (ミチ)
2017-06-22 13:27:30
ホットメールのアカウントが金沢からだと、セキュリティの問題で開きませんので、お手数おかけしますが、以下のメールアドレスに転送いただけると、幸甚です。
riyashankarjp@gmail.com

来月息子が帰国することになったので、ばたばたしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL