インドで作家業

ベンガル湾と犀川をこよなく愛するプリー⇔金沢往還作家、李耶シャンカール(モハンティ三智江)の公式ブログ

アルフィーのコンサートチケット届く(菊水庵便り12)

2016-10-29 14:33:48 | 私の作品(短編・エッセイ)
11月13日の福井フェニックスプラザにおけるロックバンド・アルフィーの秋フェスのチケットが、代理で購入してくれた友人D宅に宅急便で届いた。

席は前から14列目の中央からやや左寄り、ステージから近くも遠くもない真ん中あたりとのこと。
チケットの引き上げは、13日当日福井市内の喫茶店でと決まった。
実は12日の夜、一杯Dと飲んで引き上げるはずが、土曜でホテルが取れず、やむなく当日の成り行きになったもの。

二十代の頃所属していた同人誌の仲間だったDとは積もる話もあるのだが、出張を控え忙しそうだし、とりあえずチケット引き上げ時に、予定を聞いて、以後の土曜の夜短時間飲めそうなら、新たに会合設定ということになりそう。

北陸新幹線が開通してから、福井も土曜はホテルが取りにくくなっており、金沢に戻るとなると、午後八時前にお開きとなって、十分話し込めない。
まあ、それでも、双方の都合がつけば二時間ほど一杯やって近況交換も楽しいと思う。

海外出張で超多忙の中チケットを取ってくれたDには、感謝感謝感謝!である。


『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋から夏日に逆戻り?(菊水... | トップ | エロ作家の面目(菊水庵便り... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
非日常の世界 (ゆ。)
2016-11-01 12:15:56
14列目の中央からやや左寄りとは、いい席ですね(^^)
坂崎さんのピックなら届きますよ。
(坂崎さんは器用に飛ばしますが、高見沢さんは鯉のえさやりぐらいに不器用(^^;;;)

私は先日最寄りの会場に行ってきましたが、
仕事が終わらず1時間の遅刻となりまして、すっかり欲求不満です。
席は一番後ろ通路側でしたので、スムーズに入れた点では、今回私にとっていい席だったかも(^^;;
参加する前より、まだ当分先の12月の武道館が楽しみになりました。

隣は、チケットをお譲りした初対面の方(子育て中の主婦の方。アルコンは20年ぶり)でしたが、
こんな世界があるなんてと感激し、また来たい、明日からも頑張れる!っておっしゃってました。
キラキラした非日常の世界が、ずっと続いて待っていてくれるって、本当に素晴らしい事です。
初めての方にも、おひさしぶりな方にも、待っている人にも…

ネタバレはしませんが、あの曲に照明がすごくハマりますし、
アンコールは私よりミチ様の方がぐっと来るでしょうし…
高見沢さんの不安定感はドキドキしますが、期待は裏切られませんよ。
もうすぐ参加できるなんて、あぁ、うらやましいです(^^)

ところで、そのうち作家としての高見沢さんの作品が読めるかもしれません?
文藝春秋「オール讀物 11月号」にエッセイが載っています。
それと、別名義でカンレキーズとしてデビューする記事などもネットで読まれていますか?
還暦過ぎても、新しい事に挑戦する姿勢は、本当に素晴らしい!
しめきりに追われて体調を崩されないことを、ただただ祈るばかりです!



わくわくします (ミチ)
2016-11-01 15:44:42
11月に入って、アルコンも間近に迫って来ました。
わくわくします。

チケットの到着日がはっきりせずやきもきしましたが、まずは手元に届いて一安心です。

非日常の世界に浸ってきますね。

高見沢さんのエッセイも読んでみます。

いろいろありがとうございました!

PS
アルバム集は一番分厚いやつを除いて読み終えました。結構読み応えがありました。返却までいま少しお待ちください。
貴重な秘蔵本を拝借できて、篤く感謝しております。

コメントを投稿

私の作品(短編・エッセイ)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL