インドで作家業

ベンガル湾と犀川をこよなく愛するプリー⇔金沢往還作家、李耶シャンカール(モハンティ三智江)の公式ブログ

アルフィーがモデルのバンドが登場する再婚譚(次作予告編)

2017-05-19 15:18:35 | E全集(受賞作ほかの全小説作品、2017~)
近日中に音楽小説第三弾をアップしたい。
タイトルは「還暦バンドの魔術」
タイトルだけ聞いて、ぴんと来た方もおられよう。

そう、かの42年も続いている日本一の長命バンド、アルフィーをモデルにしたグループが脇役として登場するほのぼのラブストーリー、初老の男女の再婚譚である。

熟年男女の再婚ストーリーを書きたいと漠と以前から思っていたが、期せずして、アルフィーがモデルのバンドを登場させた同作品が、その再婚譚と相成った。

昨年11月13日に福井で開催されたアルフィーのコンサートに初めて行ったわけだが、この作品は実地のライヴ体験をする前に書かれたもので、動画などを見て雰囲気をつかみ、後は想像力を駆使して書き上げたものだ。にもかかわらず、コンサート場面は臨場感あふれたドラマチックなものに仕上がっており、かえって体験前に書いたことで創作上は生きたと思う。

昨年一年は私にとって人生最大の試練期だったわけだが、それだけに、アルフィーの曲に癒され、救われた恩義は一生忘れない。

偶然、NHKFMラジオの「終わらない夢」(金曜夜午後十一時から一時間)を聞いたことから始まった、日本一長命バンドとの遭遇、私が求めていた理想のバンドとの邂逅でもあり、エレキ&ヴォーカル担当の還暦過ぎてもヴィジュアル系の高見沢俊彦には入れ込んで、同い年の私は久々に楽しくスリリングな体験をさせてもらった。

アルフィーの今後も末永い活動を祈るばかりだ。
共に古希を迎えるあかつきには、またコンサートに出かけてみたい。

坂崎幸之助と吉田拓郎がTHE ALFEEの高見沢俊彦に騙される!電リクに竹坊として登場!!

電話リクエストの「福井の竹坊」の正体は?!
わが郷里福井の登場で、笑えるコント。
拓郎さんと坂崎さん、ころっと騙されてしまったようで。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 息子を送り出し、帰国体勢へ | トップ | 還暦バンドの魔術1(短編小説) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL