インドで作家業

ベンガル湾と犀川をこよなく愛するプリー⇔金沢往還作家、李耶シャンカール(モハンティ三智江)の公式ブログ

米に匹敵する、スマホデータ使用量

2017-04-25 19:01:53 | 生活・慣習
リライアンス・ジオ社(インド最大の石油産業リライアンスインダストリーの他業種)が昨年九月、モバイル(携帯電話)ネット業界に新規参入して以降、顧客獲得のためのフリーコール&ネットサービスを大々的に打ち出したことで、エアテルやヴォダフォーンの顧客がどっとなだれ込み、同業界は合弁などの再編成が進み、レイオフを余儀なくされている昨今、しかし、フリーサービスは利用客にとっても超うれしく、私のネットライフもがらりと転変した。

デスクトップに触る時間が少なくなったこと、モバイルネットは何時間見ても無料なのでつい耽溺、昭和のドラマ動画を見出して、夜寝転がって見れるのではまっていること、インドのテレビをまったく見なくなったこと、などだろうか。
とにかく、手軽なので、ついふけりすぎてしまい、反省しているのだが、無料サービスは六月末までなので、それまでせいぜい堪能させてもらおうと、深夜までドラマにふける毎日である。

英字紙によると、この無料サービスでインドのモバイルデータ使用量は中国の二倍、アメリカに匹敵するほどに急成長したそうである。また、デスクトップやテレビが見向きもされなくなりつつある現象も、指摘されていた。

しめじという日本語サービスから日本語キーボードもダウンロードしたので、日本語で打てるし、4Gなので比較的速く、ほとんど支障なく動画なども楽しめる。

まあ、スマホの弊害も確かにあるのだが、六月末までなので、つい大目に見て本日もドラマ耽溺である。
ジャンル:
ネット
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和史に残る最高傑作ドラマ | トップ | 熱波で夏休み早まる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL