佐世保便り

2008年7月に佐世保に移住。
海あり山あり基地あり。そしてダム問題あり。
感動や素朴な疑問など誰かに伝えたくて…

石木ダム 国の補助金はいくら?

2010-04-02 | 石木ダム

今日は、Yさんが作ってきたメッセージパネルを、ネットフェンスに掲示しました。

いいですねー。

川原の皆さんにも好評でした。

明日はもっと増えるかな? 

 

工事関係者の方が2名やってきましたが、

ずらりと立ちふさがる住民と二、三の言葉を交わし、すぐに立ち去りました。

その様子を撮影しているのは、NBCの記者さん。

毎朝早くからご苦労様です。

 

今日はおばあちゃんたち4,5人と男性陣も5,6人参加。

I さんが椅子を運んでくださったので、おばあちゃんたちを中心に腰かけて、

みんな 今日は楽でしたね~

 

そのうち風が強くなってきて、ちょっと寒いな~

と、すかさず、K子さんが絶対反対の横断幕を持ってきて、膝かけ代わりに・・・

な~るほど、こんな使い方もあるのねー!

 

こうやって並んでいると、時々目の前を通り過ぎる車が、クラクションを鳴らして行きます。

仕事や所用で出かける地元の仲間の方々のようです。

"ご苦労様、行ってきまーす"という合図でしょう。

たまーに、お仲間ではないのに、車の中から挨拶をされる方もいます。

そばにある採石場関係の方で、砂だらけになる道路に水を撒くために、

時々行ったり来たりする車に乗っている方とか。。

 

朝、団結小屋で鉢巻きを締めゼッケンをつけて、現場まで歩いていきますが、

その現場の手前にある会社の従業員の方などが、

向こうから「おはようございます」と声をかけて下さることもあります。

 

そういうのって、とても嬉しい・・

 

一緒に座りこまなくても、思いは一緒なのかな…と、かってに励まされています。

 

ところで、昨日、4月1日の長崎新聞の石木ダム関連記事、読まれた方はいますか?

 

「石木ダム事業費3億円 ~国庫補助額は9750万円~」との見出しがついています。

3月上旬、県が提示した今年度予算案では、

国交省からの補助金として2億7千万円を見込んでいたのに、9750万円に減額です。

なんと3分の1近い金額ではありませんか!

やはり今の国交省は考えているのですね。

ムダな公共事業、ムダなダムへの補助はなるべく減らそう・・と。

 

さて、この差額、1億7250万円を、県民の税金を使って穴埋めしよう…

なんて愚かなこと、まさか考えていませんよね?中村知事。

とすると・・付替え道路の工事も予定通り進められないのでは?土木部長。

 

早めに手を引いた方がいいですよ~

国からの補助が少なくなれば、借金だらけの県の財政で、

どうやってダムを造ることができるでしょう?

補正3兄弟の1つと言われるダム事業。

これから事業費はどんどん膨らんでいって、皆さんの首を絞めることになりますよ~

道路を付け替えるよりも、知事の首を付替えろって言われかねませんよー。

 

中村知事!

引き返すなら今のうちですよ。。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加