楽勝!ニューファイヤーズ

「楽しく!勝利を目指して!」静岡県焼津市を拠点とした女性ソフトボールチーム「ニューファイヤーズ」からのメッセージです。

日本リーグ第4節栃木大会を振り返る4

2017年06月28日 22時38分25秒 | Welcomeback Softball

 県エルダー大会のときの隠し撮りタイミングよく扉をあけて出てきたのは、つくしの監督ですエルデストでも大活躍のお二人は、後ろ姿でご登場クサい仲かしら~そして、その向こう側で試合の真っ最中だったのが9人いるCKBのうちの4人を占めるパワーエンジェルのみなさま全力プレー中ふふっ人の試合を見るだけってさ、気楽だね~勝っても負けてもかんけーないもんねー
 

 自宅でお手伝いをさせていただいた日本女子ソフトボールリーグ1部第4節栃木大会を振り返るコーナーその4

平成29年5月28日(日) 第2日目 第2試合 栃木県総合運動公園公式野球場 
伊予銀行  040 003 0  7
H o nda  306 001 x  10
バッテリー  伊予銀行  内藤●庄司・大西・原田-池田・二宮・池田
バッテリー  太陽誘電  金尾〇長谷川・福井-田井
長打 本塁打 加藤(伊予銀行)、森山・又吉・芝﨑(以上、Honda)
長打 二塁打 照喜名(伊予銀行)、又吉・佐野(以上、Honda)
 両チーム合わせて26安打、長打7本が飛び交う打撃戦はHondaに軍配
 Hondaは初回、又吉のタイムリーツーベースと森山の2ランで3点を先制逆転されたあとの3回は、又吉の3ランや、代打・高橋のタイムリーなど、フォアボールと犠打を挟んで5連打と打線が爆発打者一巡の攻撃で一挙6点のビッグイニング6回には芝﨑のソロホームランで得点を二桁に乗せた投げては2番手・長谷川(浜松市立高出)が粘り強い投球で試合を作った
 伊予銀行は先制された直後の2回二死満塁から照喜名が走者一掃のタイムリーツーベースを放って同点とし続く松成のタイムリーで勝ち越したものの、逆転を許した6回には、加藤の3ランで2点差に詰め寄ったが届かなかったHondaを上回る15安打を放ちながらも12残塁の山、惜しい星を落とした


日本ソフトボール協会HP日本女子ソフトボールリーグ機構静岡県ソフトボール協会
2020年の東京オリンピックで野球とソフトボールが復活しますWelcome back Softball & Baseball
2024年以降もオリンピック競技として続くようさまざまな立場さまざまな角度から機運を高めていこう
平成20年(2008年)9月15日upBACKSOFTBALLオリンピック競技への完全復活に向けて
    
読売新聞子どもの目標の場に静岡新聞中日新聞

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本リーグ第4節栃木大会を... | トップ | 家庭菜園のようす »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む