楽勝!ニューファイヤーズ

「楽しく!勝利を目指して!」静岡県焼津市を拠点とした女性ソフトボールチーム「ニューファイヤーズ」からのメッセージです。

日本リーグ岩手大会を振り返る①

2016年10月14日 23時57分40秒 | Welcomeback Softball

 日本女子ソフトボールリーグ1部第8節の前半は、雨にたたられた大会で特に神奈川大会は初日が延期、2日目も第1試合が午後2時頃となるなどご苦労も多かったと思います私が行かせてもらった岩手大会の会場となった一関運動公園野球場では、雨はそれほど強くならず球場係さん達の素晴らしい対応の甲斐あって全て予定通りに進みましたその大会を振り返ります
 
 日本女子ソフトボールリーグ1部第8節の岩手大会を振り返るシリーズその1
平成28年10月8日(土) 第1日目 第1試合 一関運動公園野球場 雨 風なし 試合時間2時間21分  
豊田自動織機  0014500  10
シオノギ 製薬  0010014   6
バッテリー  豊田自動織機 ○リケッツ・井俣・河澄・栗田-キャスティーヨ・澤井
バッテリー  シオノギ 製薬  ●池田・奥野・岩田-岡・吉田
長打 本塁打 永溝(豊田自動織機)、神藤(シオノギ製薬)
長打 三塁打 數原(シオノギ製薬)
 豊田自動織機が2ケタ安打2ケタ得点でシオノギ製薬を振り切った
 織機は3回、洲鎌のタイムリーで先制同点に追いつかれた直後の4回には、リケッツ・佐藤・国吉・永溝の4連打などで4点を勝ち越し続く5回には、永溝のグランドスラムなどで5点を奪った守っては終盤のシオノギの追い上げを、4人の継投で振り切った
 シオノギは大量リードを許しながらも粘り強く戦った8点差で迎えた土壇場の7回裏、神藤の3ランホームランと數原のタイムリースリーベースで猛追したものの、惜しくも届かなかった


日本ソフトボール協会HP日本女子ソフトボールリーグ機構静岡県ソフトボール協会
2020年の東京オリンピックで野球とソフトボールが復活しますWelcome back Softball & Baseball
2024年以降もオリンピック競技として続くようさまざまな立場さまざまな角度から機運を高めていこう
平成20年(2008年)9月15日upBACKSOFTBALLオリンピック競技への完全復活に向けて
 
読売新聞子どもの目標の場に静岡新聞中日新聞

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジェンダーセミナー | トップ | 日本リーグ岩手大会を振り返る② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む