楽勝!ニューファイヤーズ

「楽しく!勝利を目指して!」静岡県焼津市を拠点とした女性ソフトボールチーム「ニューファイヤーズ」からのメッセージです。

日本リーグ決勝トーナメントを振り返る②

2017年11月15日 21時50分25秒 | Welcomeback Softball

 昨日と今日が早帰りデーでね、昨日はドタバタと終わっちゃったので今日は余裕を持ってと思ってやってたんだけど午後、ちょっとお出掛けして帰って来ると、新しいプリンターが来ててちょうど設置するところこのあとネットワークをつなぐ作業をやったりして業者さんが帰ったあとに、ガタガタ音が鳴るいつものパターン業者さんを呼び返して調整したり・・・結局、もとの木阿弥今日もドタバタの滑り込みセーフま、アウトじゃないだけいいか

 日本女子ソフトボールリーグ1部の決勝トーナメント4試合を戦評の練習がてら、振り返ります
平成29年11月4日(土) 第1日目 第2試合 ナゴヤドーム 試合時間1時間46分
豊田自動織機  000 010 0  1
太 陽 誘 電  010 400 x  5
バッテリー  豊田自動織機     ●海部・栗田-キャスティーヨ
バッテリー  太 陽 誘 電     〇藤田-佐藤
長打 本塁打 佐藤・河野(以上、太陽誘電)
長打 二塁打 原田(太陽誘電)
 地力に勝る太陽誘電が豊田自動織機を退け、明日の3位決定戦進出を決めた
 太陽誘電は2回キャプテン・佐藤のソロホームランで先制4回には、二死二塁から原田がタイムリーツーベースを放つと山本が内野安打で続き、二死一三塁から河野がセンターオーバーの3ランホームランを放って勝利を手中にした投げてはエース藤田が、織機の反撃を1点に抑えて完投勝ち
 豊田自動織機は中盤までの失点が響いた打線はつながりを欠きそれでも5回二死二塁から、横野がこの日3本目となるヒットを放ち1点を返したものの誘電・藤田を最後まで捉え切れず惜しくも敗れ、4位が確定した

 
 今回の記録合宿の宿舎は、ビジネスホテルフィズナゴヤドームから車で30分くらいのホテルだったんだけど歩いて5分もかからないくらいのところに名古屋空港があってこの敷地内大型ショッピングセンターエアポートウォーク名古屋に夕ご飯食べに行きました~少し早目の時間に行けたので、選びたいホーダイだったんだけど年齢とともにあんまり脂っこいものじゃないのが良くなってきちゃってとろ麦の定食で、さっぱりいただきました~ご飯はおひつで出てきて、お味噌汁もおかわりできたと思うので、たくさん食べたい人には向いてるカモ私はおかわりしてませんよ~

 この日は満月だったんだよね~エアポートウォーク名古屋の4階から


日本ソフトボール協会HP日本女子ソフトボールリーグ機構静岡県ソフトボール協会
2020年の東京オリンピックで野球とソフトボールが復活しますWelcome back Softball & Baseball
2024年以降もオリンピック競技として続くようさまざまな立場さまざまな角度から機運を高めていこう
平成20年(2008年)9月15日upBACKSOFTBALLオリンピック競技への完全復活に向けて
    
読売新聞子どもの目標の場に静岡新聞中日新聞

コメント
この記事をはてなブックマークに追加