misty green and blue

Life is like an onion...

銀ブラ 2

2017-07-17 | fashion


世界でここにしかない特別な場と仕掛けを創発するべく、去る4月20日に開業した241ブランドを擁する銀座エリア最大規模の商業施設『GINZA SIX』

たまたまネットで“Art,Book&Cafe”をコンセプトに本を介してアートと日本文化と暮らしを繋ぎ、“アートのある暮らし”を提案する銀座 蔦屋書店の開店を知り、俄然興味の湧いた私は、近々の来店を楽しみにしていた

訪れたのは今回(昨日)が初めてではない
2ヶ月前、一足早い「母の日」を母と共に銀ブラした際、立ち寄ってみたのだが、GWの最中ということもあってか人混みに圧倒され、ゆっくりと味わうことが出来なかった....
店の片隅に設えられた日本刀 ― 400年続く刀の匠が丹精込めて仕上げた日本刀が鎮座する、関連書籍も取り揃えられた一角が圧巻だった
約73cmの刀身且つ約1㎏の重さのある刀をかつての侍が難なく操っていたのだ思うと、ただただ感嘆の他はない


アートブックを紐解きながら珈琲を嗜むことのできるカフェ ― 銀座 蔦屋書店
しかしながら、ここ銀座店が初めての試みではない
“本、映画、音楽を通してライフスタイルを提案する”代官山 蔦屋書店で既に実証済である

初めて代官山 蔦屋書店に足を運んだ時は感動した
“心地良い空間でゆったりと珈琲を飲める、著名の有無に拘わらず多種多様の書籍を所蔵する本屋さん”は、正しく理想的であった
近場でないことから訪れたのはせいぜい2,3回程度に過ぎないが、それでも来店時の充実感は一入だった

今回、銀座店ではアートと出会えるギャラリーを併設、世界中から集めたアートブックアーカイブに出会える書籍フロアや最新の技術及び職人技に出会える文具コーナー、クリエイションを体験できるイベントスペースなどを通じて、思い思いに“アートを楽しむ時間が過ごせる空間”を提供しているところが目新しくも嬉しい限り

しかも、ファサードの「ひさし」と「のれん」をイメージした日本の伝統的なデザイン形式を採用した建築、古都の路地をイメージした通路や障子・行燈などの温かな光が風のように包み込む館内など約47,000 ㎡に及ぶ巨大な商業空間をヒューマンスケールに創出した内装が圧巻、館内をそぞろ歩くだけでラグジュアリーな気分に浸れるのがミソである


『GINZA SIX』の魅力 ―
それは、Art,Book&Cafeだけに止まらない

ALEXANDER McQUEEN
DIESEL BLACK GOLD

私の愛するブランドの店舗があることも見逃せない



私にとっての銀ブラ ―
無添加で輝くトータルビューティに着目、グッドエイジングをサポートすべく先進のサイエンスやオーガニックレストランを通じて価値ある美と健康を提供するFANCL GINZA SQUAREで身体を、アートと職人技が巧みなGINZA SIXで心を磨く ― これこそが、究極の楽しみ方である

Bijou Pleasurette / The Michael Schenker Group
 
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« adagio | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL