貢蕉の瞑想

青梅庵に住む貢蕉の日々のつぶやきです。

蕉道Ⅱ 鹿島詣

2016-11-20 09:12:04 | 日記
蕉道Ⅱ 鹿島詣 2016(平成28)年10月9日

 古希からのより道の蕉道追従は、最終となるが、ブログでは、芭蕉が

旅した順に綴っていくつもり。お付き合い下さい。


 古希からのより道 Ⅵ  蕉 道 : 鹿 島 詣         

☆☆☆  「夏衣 いまだ虱を とりつくさず」

「野ざらし紀行の」を締め括った芭蕉の句である。巻頭の暗い句との差を

指摘したのは、ドナルド・キーンさん。

 「旅の苦労を言っているが、句の調子は、一目瞭然明るいものである。」と。

 そう言われればそんな感じがしないでもない。江戸に帰着したのは、

貞享2年(1685)4月末である。

鹿島の根本寺(こんぽんじ)の仏頂和尚の誘いに応じたのがその2年後で、

これが鹿島詣となる。

 「野ざらし紀行」は江戸の大火で庵を焼かれ、無常の念を抱く決死の旅立ち

であった。しかし、鹿島詣は、心に余裕のある風流な旅といえる。同行者は、

後に「奥の細道」で同行する曾良と住職の宗波で、二人とも門弟でもある。

さて、「月を見にいらっしゃい。」と誘いの手紙を送った仏頂和尚という人は、

寺領が鹿島神宮側に奪われ、それを取り返すべく江戸寺社奉行に訴え、訴訟審議の

9年間、深川の臨川寺を住まいとしていた。臨川寺で開かれる句会だけでなく、

芭蕉が仏頂和尚からいろいろ教わったようだ。

貞享4年(1687)8月14日、鹿島へ向かう。芭蕉庵の門前は小名木川に

通じる水路がある。船で港町行徳(現市川市)まで行き、布佐(我孫子市)まで

徒歩で、そして布佐より利根川を船で佐原へ、その後水郷を船で潮来へ出、

また船で大船津に出て鹿島へ。3分の2は水路の船旅であった。

さて、月見だが、芭蕉は生涯に月の句を60句ほど詠んでいる。

さてさて、芭蕉は、中秋の名月を拝むという幸運に恵まれたのだろうか。私

は息子が柏市にいるので、息子の所に行く用もあり、陸路での鹿島詣をし、

二つの用を果たすことにした。

鹿島神宮参道にある



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野ざらし紀行旅程と『古希か... | トップ | 1 市川市:行徳: 法善寺 を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。