貢蕉の瞑想

青梅庵に住む貢蕉の日々のつぶやきです。

江東区:臨 川 寺  

2017-06-19 11:53:13 | 日記
江東区:臨 川 寺  

平成29(2017)年 2月15日 12:40~

清澄3-3-9

延宝8年(1680)深川に移り住んだ

松尾芭蕉は二歳年上の仏頂禅師の人柄に

感服し、足繁く参禅するようになる。

 芭蕉庵と呼ばれた草庵が、臨川寺と

ほんの五百メートルほどしか離れていな

かったことも、二人の交流を深めたのだ

ろう。

 芭蕉庵は新しい俳風を模索する一門の

拠点となり、また、号を桃青から芭蕉翁

と改めたのもこの頃。

 禅味が加わった芭蕉の作風は、従来

見られなかった高い精神性を俳句の世界

にもたらし、文芸としての価値を世間に

知らしめた。

 臨川寺には「玄武仏碑」を始め、

「梅花仏碑」「墨直しの碑」「芭蕉由緒

の碑」などの石碑が残され、芭蕉ゆかり

の寺として知られている。

懐かしさも手伝い、町並みも楽しんだ。

臨川寺入口



玄武仏碑説明



芭蕉由緒の碑など一隅にまとめられていた



芭蕉由緒の碑



墨直しの碑



常磐2丁目に深川芭蕉通りがあった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 清澄庭園  その2 | トップ | ハートカズラという花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。