貢蕉の瞑想

青梅庵に住む貢蕉の日々のつぶやきです。

島田市博物館:二つ目の芭蕉句碑 2016.6.18

2016-11-02 15:40:33 | 日記
 二つ目の芭蕉句碑は、木彫りもあり。

 馬方はしらじ時雨の大井川  芭蕉

『時雨に濡れて、大河の大井川を渡ってきたが、
 その寒さにすっかり参ってしまたよ。川まで
 乗せてきた馬方は、このつらさを知るまい。」
という気持ちを詠んだようだ。
 大井川の川幅の広さは、今見ても驚くばかり。
 水の流れは、いつ見ても飽きないものだ。
 水五訓より、水ゴクンばかりの日々だが、
いつか水を描きたし。(むりかな)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島田宿:島田市博物館「芭蕉... | トップ | 島田宿:川越茶屋で 201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。