貢蕉の瞑想

青梅庵に住む貢蕉の日々のつぶやきです。

文京区: 慈眼院

2017-05-12 10:15:29 | 日記
文京区: 慈眼院  

2016(平成28)年12月 6日

 6時頃、我が家を出発。

 今日は、文京区にある芭蕉句碑を探索する。

 新宿で東京メトロ大江戸線に乗り換える。

 都庁前より春日まで。初乗りである。

 駅よりGPSの案内で、二十分ぐらい歩く。

 小石川3丁目の慈眼院に到着。

 消防の法被を着用したおのこ数名が見える。

 「おあな」といって、霊窟がある珍しい処で

ある。

 芭蕉の句碑ともうひとかたの句碑が紅葉に

彩られていた。

芭蕉句碑 

  「しぐれ礫や降って小石川」

滝澤公雄句碑

月かげに しのぶや聲の なき蛙

紅葉真っ盛りの慈眼院





おあな 表示



江戸時代の社殿跡



おあなには・・・。







観却下石碑



芭蕉の句碑も紅葉の中



芭蕉句碑

「しぐれ礫や降って小石川」











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  八丁堀:亀島橋     | トップ | 牡丹いつつと音楽物語ふたつ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事