貢蕉の瞑想

青梅庵に住む貢蕉の日々のつぶやきです。

蕉道「おくのほそ道」パートⅡ草加宿: 百代橋渡る

2017-09-01 10:07:18 | 日記
蕉道「おくのほそ道」パートⅡ草加宿: 百代橋渡る

平成29年9月1日(金)

 この一ヶ月、朝の散歩を楽しませてく

れた花の一つといっぱいの実がある。

 花の名前は、ちょっとわからないが、

つる性の桃色ピンクのはえるというか、

ちょっとどぎついかなという感じだが、

次から次へと咲き続けている。

 もう一つは最古の樹木といわれる

イチジク、実がいっぱいつき、熟れ始め

他のが、やっぱり一月前か。ただし一個

だけだったが。

朝顔が一輪仲間入り



何という名前のお花かな?



おいしそう!実がいっぱい!



 散歩の後、今朝もブログ作成へ。

初めて、百代橋を渡る。芭蕉と曾良の気持ちになって。

百代橋の上から





降りる前に





松原の景色も



そして、橋の下の中央には、松ぼっくりが






ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蕉道Ⅷ「おくのほそ道」パート... | トップ | 初秋の歓び! »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます(^^)/ (hiroko)
2017-09-01 11:46:51
ピンクの花は、多分ノ-ゼンカズラと言います。オレンジ色が多く見られますが
ピンクも可愛いですね(^^♪

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事