ちっちゃな夢

ある日のちょっとした気づきを写し撮って

千本ナラ名木へ願い

2016年11月08日 | 日記

千本ナラの名木には、賽銭箱が置かれて幹にはしめ縄が巻かれ、しゃもじがいっぱい挿しこめられている。

 

願い事を書いたひしゃくがびっしりしめ縄に・・・しめ縄では足りなくてつたにもしゃもじが挿しこめられている。

 

しゃもじに願い事を書いて差し込んで預ける。しゃもじはご飯を「すくう」から転じて、悩みから「救う」と信じられているらしい。人の願いを黙して長年受けとめてきているのだ。

 

隣りの千本ナラの木は根元から折れて裂けていた。願い事を書いたひしゃくも一緒に横たわっていた。幾々年もの春夏秋冬を乗り越えて来た秋の摂理、強風に耐えられずに朽ちいたのだと感じた。なんとも人生と重なる。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千本ナラの森訪問 | トップ | 山景色 »
最近の画像もっと見る