”レイキのめぐみ。”の日常

嬉しい偶然、思いがけない幸運、驚きの贈り物を一緒に見つけませんか?

『サイコパス』

2017年05月15日 | Weblog
『サイコパス』(中野 信子著)

すんごく面白い!

「サイコパス」の正しい意味を知りませんでした。考え方が偏っていたり、普通ではない(という表現もあやふやですが)人のことを言うのだろうくらいの認識でした。

この本で詳しく分類されていますし、説明されています。

この本を読みながら頭に浮かんでくるのは、過去のある国の指導者や、今現在の某国の指導者です。そのような人を選んだ国民にとっては、どこか魅力的に見える部分もあるのでしょう。

昔から今現在も、そしてきっとこの先もこのような「脳」を持った人は出て来るでしょう。ある意味、「サイコパス」と言われる人には生き残る力があるから・・・ともいえるかもしれないのです。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ありがとうございます。 | トップ | ガッテン! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む