偽装の彼らの

偽装の彼らの

たいなあと思

2016-11-28 10:52:03 | 日記

節約命の我が家は扇風機で我慢大会してますが、パソコンサーバー2台の熱気が部屋を暖め、
もうたまりません。

滋賀県では、私の知りあいの葉物野菜の生産者数名のハnu skin 產品ウスが
このまえの豪雨で水につかってしまい、ハウスが全滅になったそうです。
そしてこの猛暑続き…水菜の葉が焼けてチリチリになり、出荷できない状況だとか。
相場もかなり上がってきてますし、農家は相変わらず大変です。

さてさて、先月にお話ししていた子猫は、無事ステキなもらい手が見つかり、
新しいすみかへと引っ越していきました。
と同時に、発狂寸前だった我が家のキナコも一気に落ち着き、
久々に平穏な日々が戻ってきました。ホッと一息です。
家も落ち着いたし牛熊證剩餘價值、この暑さだし、夏休みだし、久々に海に行きい
高校生の息子を誘ったのですが、「なんで母親と2人で海に行かなあかんねん」と
冷たく却下…。高校生ともなると、息子なんて冷たいもんです。
私にすり寄って来るのは今や2匹の猫ばかり…

とりあえず実家の母の様子でも、と電話をすると、
「すぐに来なさい!」と母の切迫した声が…
「何があったの?」と聞いても「電話では言えへん、とにかくすぐに来なさい、
あんた1人で来るんやで!」と。
???…とにかくすぐに実家へ行くと、2階で何やら騒がしい声が…
「あ、やっと来た!すごいものが見つかったんや!!」 と弟。
母も弟も弟の家族も、みんな雁首揃えて大騒ぎしています。
「ストラディバリウスや!! あの何憶とするバイオリンやで!!」と
古ぼけたバイオリンを囲んでみんなワクワク、目はキラキラ。
「父親の持ってたバイオリンやんか」と私が言うと
「そうや!ストラディバリウスやったんや!!」
「はあ?、苦学生やった父親にそんなもん買えるはずないやんか」と私。
「何言うてんの!お父さんは京大の交響楽団でホルン吹いてたんやPretty renew 傳銷、その時に必死でお金
貯めて、清水の舞台から飛び降りたつもりで高いバイオリン買うたと言うてはったんや、
「これはいいもんなんや、値打ちもんなんやぞ」といつも大事に大事にしてはったんや
それがこのバイオリンや、ストラディバリウスやったんや。50年以上も前に買うたんやから

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« く好き放題食いま | トップ | っと冷淡なあしらいを »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。