偽装の彼らの

偽装の彼らの

車を走らせた

2017-02-13 11:09:24 | 日記

マリナス・ビクネル・ウィレットは、ごく昵懇《じっこん》の間柄の人々をのぞいて、この特異な経験について、いっさい語って聞かせようとしなかった。語って聞かせたところで、好意的な友人グループならばともかく、信じてもらえるとは考えられなかったからだ。それでもいつか噂がながれて、伝え聞いた世人の嘲笑を買う結果になった。さすがのウィレット医師も齢には勝てぬものとみえる、ついに思考能M 字額力が減退したのかと、蔭口を囁かれる始末で、なかには直接老医師をつかまえて、なるべく長期の休養をおとりなさい、そして、今後しばらくは、精神異常者の治療にあたるのをお避けになることですと、真剣に忠告する者も現われた。しかし、ウォード氏としては、この老練な外科医の語るところに嘘はなく、いかに荒唐無稽《こうとうむけい》に思われようと、そこに恐怖の真実があると信じぬわけにいかなかった。氏自身、ポートゥックスト別荘の地下蔵に、有毒の瘴気を噴き出す穴を目撃している。いや、目撃しただけでなく、その毒気にあてられ、昏倒し、医師の手で邸に送り帰された。それが午前の十一時で、夕刻には氏のほうから、電話で医師の消息を問い合わせたが、ついに連絡がとれずに終わった。翌日もおなじ努力を繰り返したあげく、午後にはついに堪りかねて、小別荘へ。そして、階上のベッドのひとつに、傷こそ負っていないが、失神して倒れている老医師を発見した。猛烈ないびきに驚いて、車内からブランディをとりよせて、その喉にながしこむと、徐々に目をみひらき、そこにウォード氏の顔を見出すや、身慄いして、異様な叫びをあげた。「あっ! その顎ひげ……その目……き、きみは何者だ?」きれいに剃刀《かみそり》をあて、きちんとした身なりの青い目の紳士、その若いころから、熟知の仲であるウォード氏に向かって、このような言葉を投げかけるとは、老医師の頭もいまは狂ったのか?
 午後の陽差しの明るい小別荘のたたずまいは、前日の午前と少しの変わるところもなかった。ウィレット医師の衣服も、格別乱れているというほどでなく、ところどころがしみに汚れ、膝のあたりに破れが目立つのと、その身体全体に、わずかながら刺激性の臭いがまPretty renew 旺角つわりついているのが、ウォード氏をして、病院へ移動させた日の息子の様子を思い起こさせた。懐中電燈は失くなっていたが、カバンはそこに見出せた。ただ、持参したときのままで、中身はなにもない空《から》であった。
 老医師は説明にはいるまえに、非常な努力でベッドから起きあがり、よろめく足で、ウォード氏を地下の穴蔵へ案内した。大樽のそばの台座は厳然としていた。医師は、前日、そこにおいたままの道具入れの袋から鑿《のみ》をとり出して、頑丈な平石板をこじあけにかかった。しかし、板の下に現われるのは、なめらかなコンクリート地ばかりで、前日の朝、ウォード氏を昏倒させた毒気のみなぎる地下洞窟の入口は痕跡もなかった。したがって、有毒性の竪坑、恐怖の地下世界、秘密の書斎、カーウィンの古文書、悪臭と号泣、実験室、壁に刻まれた呪文……なにひとつ、見出すことができなかった。ウィレット医師は蒼白の顔で、年下の友人の腕をつかみ、「昨日、あなたはここで、地下の入口を目撃しましたな……そして、毒気を嗅いで……」と、低い声でつぶやいた。ウォード氏も、恐怖と疑惑にその場をうごくこともできず、肯定のうなずきを繰り返すだけだった。そのあと医師は、なかば吐息、なかば喘ぎの声を洩らし、「では、わたしの経験した事実を聞いてもらいましょう」といった。
 それから二人は、階上へひっ返し、明るい部屋を見出すと、一時間にわたって、ウィレット医師の恐怖の経験談が語られた。しかし、ギリシャ風の酒杯から濃緑色の毒気が立ち昇って、怪しい物の姿が出現した個所まで話がすすむと、老医師は記憶を甦らすことに疲れて、口をつぐんだ。いくら努めてみても、話はいよいよとりとめなく、話し手も聞き手もQV嬰兒沐浴油、頭が混乱するばかりだった。一度ウォード氏が、「人足を使って、この地下を発掘してみま

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« っと冷淡なあしらいを | トップ |  春運期間成都地鐵線網累計運... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。