瓶中精靈

不求你愛我 ,只求在我最美的年華裏 ,遇到你

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

英語對考名校的重要性

2017-04-18 10:51:57 | 留學

  很多留日考生認為在日本考大學只需要日語,從而忽略了對英語的學習。這種觀念其實是錯誤的。日本的很多名牌大學還是非常注重英語的。

  在日本,英語考試主要有兩種,TOEFL(托福)和TOEIC(托業)。托福想必很多學生都知道,這裏就不再贅述。關於托業,簡單說明如下:

  相較於托福考察學生聽說讀寫的全面能力而言,托業只有聽力和閱讀兩部分,考試內容以基礎為主,題目相對簡單。聽力和閱讀每個部分均為495分,總分990分。考試時間為3個小時,考點遍布日本全國,考生可以通過網站報名。不同於所有學校都可以使用托福成績,目前只有一部分學校承認托業成績。

  由此,我們不難看出,日本的名牌大學還是相當重視英語成績的。幾乎所有的大學都需要提交英語成績,而且對於分數還有很高的要求。日本的大學注重開放性、國際性,所以一個好的英語成績,是考取名校必不可少的條件之一(有些大學不需要提交英語成績,但是相對的,對日語成績的要求非常高)。

  在日本的語言學校,幾乎很少有英語課程。而且由於日語和英語在語法構造等方面的差異,如長時間學習日語而不接觸英語,英語必然會嚴重退化。

  所以同學們在平時一定要注重對英語的學習,多練習托福托業真題,熟悉考試題型,鍛煉題感,這樣才能在名校的考試中脫穎而出。

請點擊遊學 美國遊學了解更多資訊
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本大學在華實施學力測試 | トップ | 申請加拿大學院主要有如下優勢: »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。