瓶中精靈

不求你愛我 ,只求在我最美的年華裏 ,遇到你

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

什么樣的孩子適合出國留學

2017-03-21 10:50:32 | 留學

  我的經驗是,看家長更看重什么了。如果看重盡快地適應語言、融入當地社會,家庭的經濟條件也足夠好,就可以早些把孩子送出去;如果更多地考慮孩子的生活自理能力,考慮學生的人身安全,最好是在高中階段,他們的思想成熟些再送。

  從已在國外的少年留學生的情況看,並非什么樣的孩子都適合國外的生活。出國留學,畢竟是一個巨大的跨越,將面對一個不同的文化背景、不同的教育制度、不同的語言、不同的課程體系、不同的生活環境等等。進入這樣一種完全陌生的世界,孩子身心都會經受巨大的沖擊和考驗。

  不過,針對國內愈演愈烈的留學低齡化傾向,教育界人士也提出了不同意見,他們指出:國內的基礎教育十分突出“雙基”(基本知識、基本技能),它能為學生學業的完成打下堅實的基礎,這一點在世界上是得到公認的。如果過早地將孩子送出去,中斷了“雙基”學習,沒有紮實的基礎知識,不利於孩子今後在更高層次上的學習。因此為了讓孩子在國內打好知識的基礎,盡量晚一些送孩子出去,這樣,可以以我們在知識上的優勢來彌補語言上的劣勢。

請點擊遊學 美國遊學了解更多資訊
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出國留學以獲得比國內升學大... | トップ | 走上留學這條路的孩子的確是... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。