キッチン・トランスレーターつれづれ日記

つれづれなるままに日々のよしなしごとを綴ります。本、風景や花や料理、愛犬の写真などをご紹介。

大和郡山城跡

2017-03-07 16:21:03 | 旅行
               

                   河津桜や

               

               

                  梅の花が見ごろの大和郡山城跡を訪れました。

               

               帰省するたびに、近鉄電車の窓から見える郡山城跡を一度訪れたいと

               思いながら数十年、やっと思いが叶いました。まあ、それほど思い入れ

               があった訳でもありませんが、行ってみると、殊の外素晴らしかった!

               郡山城は、洞ヶ峠で明智光秀から離反し、秀吉についたため、今も

               裏切り物の汚名を着せられている筒井順慶(その生涯を見ると、一人

               裏切者などと言われるのは可哀そうなほど、彼自身も裏切られ続け

               だったようですが)の築城になり、その後豊臣秀吉の弟秀長の居城

               となります。彼はたいそうな善政を敷いたそうです。

               

               江戸時代になると、松平氏、本田氏など幕府のそうそうたるメンバーの

               居城となり、これまたある意味悪名高い柳沢吉保の長男吉里の居城
               
               となり明治を迎えます。

               

               その後は荒れ放題だったようですが、堅牢な大城であった面影は今も

               残り、石垣やお堀の堂々としたたたずまいは健在です。天守台付近が

               今整備されていて、発掘調査も進んでいるようです。

               

               

               

               お堀の周りを一回りしましたが、石垣が昔のままに残ります。もちろ

               ん崩れているところもありますが、石は建物のように焼けたり、朽ち

               たりしない分、往時のままの姿を見せてくれます。遠い戦国や江戸の

               昔に思いをはせると、鎧兜のつわものが現れてきそうな気がします。

               

               

               城跡は公園になっていて、桜の名所としても有名です。

               奈良県内で一番古い高校、郡山高校も敷地内にあります。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晴天の奈良公園を歩く | トップ | 藤原京 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事