キッチン・トランスレーターつれづれ日記

つれづれなるままに日々のよしなしごとを綴ります。本、風景や花や料理、愛犬の写真などをご紹介。

我が家の極小トイレギャラリー

2017-02-13 15:19:59 | アート
                

                

                先月千葉の館山から送られてきたストックとガーベラが今も

                可憐に咲いています。                               

                

                うちのちっちゃなトイレにちっちゃな額を何枚か掛け、中の絵を

                入れ替えて楽しんでいます。今は先週三菱一号館で観たナビ派

                の絵を飾っています。これはナビ派の中心画家の一人、モーリス・

                ドニの「ミューズたち」。                

                

                これは、ナビ派の端緒となった象徴的なポール・セリュジエの

                「タリスマン」。ナビとは旧約聖書の預言者のことだそうで、メ

                ンバーが皆カトリック教徒であることから、名づけられたとか。

                    

                トイレのドアにはもう何十年来このドイツのNord-Sued出版社の

                絵本のポスターが張られています。はしっこがボロボロになって

                いますが、そのかわいらしさに、剥す気になれないでいます。

                

                でも何といっても、うちのトイレギャラリーのハイライトは写真の

                額です。私が撮った花や植物の写真が主ですが、旅行に行くと

                その後しばらくは旅先で撮った写真のシリーズが続きます。これ

                はスコットランドのエジンバラ郊外の世界遺産「フォース鉄道橋」。

                壮大な感じの伝わる良い写真だと自画自賛している一枚です。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久々の丸の内 | トップ | 梅一輪一輪ほどのあたたかさ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。