キッチン・トランスレーターつれづれ日記

つれづれなるままに日々のよしなしごとを綴ります。本、風景や花や料理、愛犬の写真などをご紹介。

南都七大寺 大安寺

2017-03-06 15:51:34 | 旅行
             

             あおによし奈良には数々の御寺がありますが。そのうち歴史の古い大寺、

             東大寺、西大寺、興福寺、法隆寺、薬師寺、元興寺、大安寺を南都七大

             寺と呼びます。とはいえ、この間訪れた大安寺は、東大寺など今も隆盛を

             誇る大寺とは違い、こじんまりした姿になっています。

             

             それでも、境内はチリ一つなく掃き清められ、静謐の気が漂う凛とした

             御寺です。創設を622年推古29年までさかのぼるというのですから、東

             大寺より、薬師寺より古いのですが、その歴史を見ると、波乱万丈さに

             眼を見張ります。よくもまあ、これだけ数々の試練に耐えて生き残って

             きたものです、立派とほめたたえたくなります。考えてみれば、創建か

             らほぼ1400年経っているのですから。その時代時代の人が守り抜いて

             きたのだと思うと、頭が下がります。

             

             聖徳太子発願の熊凝精舎からはじまり、最も位の高い大官大寺となりま

             すが、藤原京とともに焼け、場所を移し、一時栄えますが、雷で西塔が焼

             け、伽藍が焼け、大風で回廊が倒れ、地震で金堂が傾きと散々な目に会

             います。でもその度に再建され、規模は縮小したものの今に至るようです。

                 

             9世紀半ばには境内に八幡宮が創設されました。お寺の中に神社、

             昔はほんとに神仏混交だったのですね。

             

             興福寺や東大寺のあたりとは違い、訪れる人もなく、八幡宮のあたりは

             竹林で覆われ、すがすがしい気に満ちていました。
             

             
ジャンル:
神社仏閣
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信貴山朝護孫子寺 | トップ | 晴天の奈良公園を歩く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。