キッチン・トランスレーターつれづれ日記

つれづれなるままに日々のよしなしごとを綴ります。本、風景や花や料理、愛犬の写真などをご紹介。

笠間稲荷神社

2017-05-12 11:33:07 | 旅行
             

            茨城県の北西部の笠間市は笠間焼で有名な陶芸の街です。工芸の丘や陶芸美術

            館など焼きもの好きには魅力的な町ですが、笠間稲荷神社も見どころの一つです。                       

               

           日本三大稲荷神社に数えられる場合もあるようです。稲荷神社の大本山京都

           の伏見稲荷は別格としても、美しい朱塗りのこの神社もなかなかの風格です。

            

            

           稲荷神社というと、寡聞にしてお狐さまを祀っていると思っていたのですが、

           違うんですね。五穀豊穣の神さまをお祭りする神社で、狐はその神さまの

           使いなのだそうです。711年に山城国稲荷山に創建された神社、つまり伏

           見稲荷が最初だそうです。でも村や町の庶民レベルでは稲荷と狐はよく

           同一視されていますよね。きつね色のなっちゃんとお狐さま。先祖は同じ?

           
           
           

               仲見世通りはお狐さま一色です。           

           

           でもこの時期、この神社で一番素晴らしいのは見事な藤の花。

           

                 

           

           

           普通に見かける一重の大藤と並んで、珍しい八重の藤が見事でした。

           樹齢400年以上だそうで、蝶々のような形の花びらがたくさん丸くつ

           いているのが珍しく、可憐な印象です。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大洗磯前神社 | トップ | 潮来 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。