キッチン・トランスレーターつれづれ日記

つれづれなるままに日々のよしなしごとを綴ります。本、風景や花や料理、愛犬の写真などをご紹介。

国立科学博物館

2017-05-05 17:19:12 | 科学
              

              5月4日、朝の上野駅公園前出口は大混乱、立錐の余地もないほどの人出でした。

              そのうち相当数の家族連れは、上野動物園の方へ向かったようですが、ここには

              大きな美術館、博物館がいくつもありますからね。皆さん思い思い方向へと急いで

              いました。私たちは恐竜博士の6歳の孫娘の希望で、国立科学博物館へ。私なら

              上野と言えば美術館、科学博物館は普段なら一番足が向かない施設なのですが。

              

              大英自然史博物館展の開催中で、ここもたいそうな賑わいでした。まずは

              機関車D51に出迎えられ、中に入ると、まあなんとも盛沢山な展示でした。

              日本館と、地球館に分かれ、先史時代からの生物、事物、宇宙、科学、そ

              の他もろもろ、美術作品以外のすべてが結集していました。

              

              

              

              中でも、恐竜の骨の模型(相当部分は実際に出土した骨らしい)や実在する

              動物の骨模型が、これでもかというくらいぎっしり並んでいました。今夜は恐

              竜の骨に追いかけられる夢を見るんじゃないかと思う迫力です。もちろん孫

              娘は大興奮。入り口で貸してくれるタブレットの解説を聞きながら回ります。

              大人向けの解説なので、小学一年生にはちょっと難しいのですが。

              

              

              実物大の動物や魚や木の模型もあります。ヒトや動物がどのように進化して

              来たか、系統立てて展示されていてとても面白いのですが、あまりに大量で

              途中から頭がくらくらしてきます。結局朝10時から夕方4時までいて、十数室

              ある展示室のうち4か所くらいを回っただけでへとへと、足が棒になりました。

              体力が要ります。「卵からはじまる形づくり-発生生物学への誘い-」という難

              しくも興味深い特別展が開催されていましたよ。京都大学が監修したようで、

              女性解説者がめちゃくちゃ関西弁だったのが面白かった。そんなところにひっ

              かからないで、中身に感心しろよって話ではありますが。
              
              

              混雑の中、屋上でなんとか席を確保して、ダイナソー・ピザを食べました。

              

              巨大なシロナガスクジラ像に見送られて、また大混雑の上野駅へ、帰路に

              つきました。excitingかつexhaustingな一日でした。
ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麦の花の咲くころ | トップ | 江川せせらぎ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

科学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。