大橋 満 ・向日市自治功労者の平和ト-ク ・・ 世直しご一緒に

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
ドイツの友人ヨーロッパの暮らし

違法な政治介入など国家情報院の積弊を清算して、力量ある情報機関として位置づけるための方案を研究。

2017-06-20 | 韓国・文在寅新大統領をおう!

「国家情報院改革発展委員会」スタート

登録 : 2017.06.19 22:54 修正 : 2017.06.20 08:08 

委員長にチョン・ヘグ教授… 
外部委員8人・内部委員5人参加 
積弊清算TFも設置し過去の政治介入事件を調査

チョン・ヘグ聖公会大教授=イ・ジョンウ先任記者//ハンギョレ新聞社

 国家情報院改革のための「国家情報院改革発展委員会」が19日スタートした。国家情報院改革発展委は、違法な政治介入など国家情報院の積弊を清算して、力量ある情報機関として位置づけるための方案を研究することになる。

 

 国家情報院改革発展委の委員長は、国政企画諮問委員会の政治・行政分科委員であるチョン・ヘグ聖公会大教授が引き受けた。イ・ソクボム元民主弁護士会副会長、チャン・ユシク参与連帯行政監視センター所長、ホ・テヒ国家情報学会長、キム・ユウン韓国国際政治学会長、コ・ユファン東国大北韓学科教授、チェ・ジョンゴン延世大政治外交学科教授、オ・ジョンヒ元監査院事務総長が外部委員として参加する。国家情報院の前職・現職の5人も委員に委嘱された。国家情報院の外部者8人、前職・現職の内部者5人の構造だ。

 

 国家情報院改革委の傘下に「積弊清算TF(タスクフォース)」と「組織刷新TF」が設置された。積弊清算TFは、国家情報院の大統領選挙介入、極右団体支援、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長制圧など、李明博(イ・ミョンバク)・朴槿恵(パク・クネ)政府時期の国家情報院による政治介入事件の真相を調査する。現職検事3人が主導する積弊清算TFは、真相調査の結果を改革委に報告する計画だ。組織刷新TFは、政治介入の根絶と海外および北朝鮮情報の力量強化など以前から繰り返し提起されてきた改革案を受け、国家情報院の組織改編案を導き出す計画だ。

 

 この日の出帆式で、ソ・フン国家情報院長は「改革発展委のスタートは、第2期国家情報院を開く歴史的な出発点になるだろう」としながら「今回が最後という考えで、国内政治と完全に決別できる改革方向を提示してほしい」と話した。ソ院長はこれに先立って「職員がネットカフェを転々としてコメントをしている時に感じなければならない自己恥辱感と煩悶」に言及して、国家情報院の改革を強調したと明らかにした。チョン・ヘグ委員長もこの日の出帆式で「国民主権の時代に応じて、強力な国家情報院改革を議論する」として「国家情報院はこれを通じて完全に生まれ変わった姿を見せなければならない」と話した。

 

キム・テギュ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「立憲主義と民主主義を回復... | トップ | 「こんな政治はもう終わりに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

韓国・文在寅新大統領をおう!」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。