大橋 満 ・向日市自治功労者の平和ト-ク ・・ 世直しご一緒に

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
ドイツの友人ヨーロッパの暮らし

「天眼」は137億光年以上離れた場所からの電磁信号を受信し、観測範囲は宇宙の縁にまで達する。

2016-10-11 | 宇宙を知らなければ世界のことはわからない

中国の「天眼」FASTが竣工、深宇宙を観測始まる

【中日対訳】 

人民網日本語版 2016年09月26日13:41
 

pre
next
  • pre
    next

貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州平塘県の窪地にある、直径500メートルの球面電波望遠鏡(FAST)が竣工し、深宇宙の秘密の探索を開始することが25日に発表された。新華社が伝えた。

中国の天文学者は1994年に、この「天眼」と呼ばれる球面電波望遠鏡の構想を打ち出し、事前研究から竣工まで22年の月日が費やされた。これは中国が独自の知的財産権を持つ、世界最大口径の、最も感度の高い電波望遠鏡だ。

正式に竣工した「天眼」は、電波望遠鏡の直径100メートルという極限越えを実現。この望遠鏡はサッカー場30個分の受信面積を持ち、独エフェルスベルク電波望遠鏡の感度の約10倍、米アレシボ天文台の総合性能の約10倍に達する。「天眼」は137億光年以上離れた場所からの電磁信号を受信し、その観測範囲は宇宙の縁にまで達する。(編集YF)

「人民網日本語版」2016年9月26日

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「食の安心・安全は市場の命... | トップ | 安倍首相は「武器を使って殺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。