大橋 満 ・向日市自治功労者の平和ト-ク ・・ 世直しご一緒に

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
ドイツの友人ヨーロッパの暮らし

「こんな政治はもう終わりにしないといけない。国家の理不尽によって私たちの命が奪われるわけにはいかない。

2017-06-20 | 安倍内閣の本当の姿は?

安倍政権打倒へ本気で共闘

総がかり行動実行委 国会前で行動

 

写真

(写真)「共謀罪は廃止に」とコールする人たち=19日、国会正門前

 総がかり行動実行委員会は19日夜、国会正門前で「共謀罪」法の廃止を求めて行動しました。市民、学者、各野党の代表がマイクを握り、「共謀罪の廃止、そして安倍政権打倒のために、市民と野党は本気の共闘をしよう」と訴え。参加した3500人(主催者発表)は、「そうだ」の声で応じ、「安倍政権をみんなで倒そう」「あきらめないぞ」とコールしました。

 主催者を代表してあいさつした福山真劫(しんごう)さんは、「与党は数の力を背景に、共謀罪を強引に採決しました。こんなことは許されません」と強調。すべての世論調査で安倍内閣の支持率が急落していることを紹介し、「政治の潮目が変わっています。共謀罪の廃止、安倍政権打倒に向けて決意を固め合おう」と訴えました。

 武蔵大学教授で元NHKプロデューサーの永田浩三さんは、「こんな政治はもう終わりにしないといけない。国家の理不尽によって私たちの命が奪われるわけにはいかない。国家を私物化する安倍政権にさよならしよう」。

 野党からは、民進党の大串博志衆院議員、日本共産党の小池晃書記局長、社民党の福島瑞穂副党首が参加しスピーチ。手をつないでアピールしました。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 違法な政治介入など国家情報... | トップ | 北朝鮮の核・ミサイル問題の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。