大橋 満 ・向日市自治功労者の平和ト-ク ・・ 世直しご一緒に

世界の変化を見ながら世直し提言
朝鮮・韓国・中国・ロシアとの友好交流促進
ドイツの友人ヨーロッパの暮らし

文書は極めて信ぴょう性が高い。『責任をとる』とは当然、総理を辞めるということだ」と指摘

2017-05-19 | 安倍内閣の本当の姿は?

首相の進退にかかわる重大問題

加計学園問題 志位委員長が会見

 

 

写真

(写真)記者会見する志位和夫委員長=18日、国会内

 日本共産党の志位和夫委員長は18日、国会内で記者会見し、学校法人「加計学園」の獣医学部新設に安倍晋三首相の意向が強く働いていたことを示す文書を文部科学省が作成していたと報道されたことについて問われ、「文書は極めて信ぴょう性が高い」「文書で書かれていることが事実だとすれば、総理の進退に直接かかわる大問題だ」と述べました。

 志位氏は、安倍首相が国会の場で「もし働きかけて決めているのなら、責任をとります」(3月13日の参院予算委員会)と自らの関与を全面的に否定してきたことをあげ、「『責任をとる』とは当然、総理を辞めるということだ」と指摘。文書では、内閣府が文部科学省に「官邸の最高レベルが言っていること」「総理のご意向だと聞いている」などと伝えたことが記されており、「事実だとすれば、総理の進退に直接かかわる」と語りました。

 そのうえで、志位氏は「これは『森友疑惑』に続いて権力者による国政の私物化が問われる重大疑惑だ」と強調。(1)安倍首相自身が国会において国民に対する説明を行い、真相を語ること(2)政府は、いま明らかになっている文書も含め全資料を速やかに提出すること(3)安倍首相出席のもと衆参予算委員会で集中審議を開くこと―が必要だと述べました。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 他の野党とも足並みをそろえ... | トップ | パク・クネ-チェ・スンシルゲ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。