今日も地球を歩いてます

前と後ろにバックパック担いでました。そんな頃も今は昔。今は日本で定住!専業主婦!笑

ハイチェアのカバーを作る

2017年01月29日 | 手作りの話

        
10年選手の
ハイチェアをいただいたのですが
2人の子どもを
10年間相手してきたハイチェアです

いかんせん
かなりの汚れ

パーツの隙間とかにあった
ゴミやよごれは
掃除機やウェットティッシュや
綿棒や爪楊枝を駆使して
取り除いたけど

もともとのカバーに付いた汚れは
洗濯しても取れず

でもこれ、
これからは
1日3回使う予定のもの

つまり
1日3回
さらに汚れるであろうもの

この唯一のカバーを
頻繁に洗濯するってのも
使い勝手が悪いので
新たにカバーを作ることに

といっても
イチから作るのは大変なので
もともとあるカバーの上に
かぶせるタイプにしました

布は
以前
授乳に活躍させるための
踏み台カバーを作ったときに使った生地

生地と言っても
子どもの頃に使っていたタオルとかを
縫い合わせたもの

「Granny Patchwork」
って言うんでしたっけ?
「おばあちゃんのパッチワーク」

本で読んだけど
おばあちゃんが
家にあった布でパッチワークを作りながら
それぞれの布にまつわる思い出を
家族に伝えていくやつ

まあ
ワタシが使った布にもそれぞれ
子どもの頃の思い出がこもっているのですが
でも
作ってみたものの
用途に困っていた布


ついに使い切ります

まずは
もともとのカバーの面を
かたどる

といっても
適当に作ります
         


カーブのところは
密度濃く
マチ針でカーブをなぞり
ミシンで
ガガガーッて
カーブの端を縫ったら
こんな感じになるので

           
あとは
その外側を
ざっくり切って
           
内側に折り込んで

       
マチ針で止めたら
上からまた
ミシン

あとは
スナップピンを
もともとのカバーと
新たに作ったカバーに
それぞれ止めて
        
このハイチェア
5点ベルトタイプなので
ベルトが計5本

その5箇所の穴を作る
 
           
バイアステープの
出番です

こうして
完成
           
完成と言っても
座面のカバーは、ね


今後
向こう数年は使うだろうから
この勢いで
気になっていたベルト部分も
カバーを作ります

歴代のごはんの汚れが付いていて
汚かったんです


股部分の留め具をも覆うカバーと
腰部分のベルトは
留め具をはずせば抜けるので
ベルトを布で作る

肩ベルトも替えたかったけど
これは本体から取り外せなかったし
汚れもそこまでひどくないので
ここだけ現状維持
          

完成です

久々に
大きいものを作ったわー
達成感!

.........................................................................................................

                  クリック、よろしくおねがいします:)
                    
                       にほんブログ村
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木のおもちゃも仲間入り | トップ | ピクニックです »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。