今日も地球を歩いてます

前と後ろにバックパック担いでました。そんな頃も今は昔。今は日本で定住!専業主婦!笑

スマスイに来てみた(後半)

2017年07月23日 | 育児の話

本館の展示も
途中で一旦見終えて
イルカショーの会場へ
           

イルカライブ館へ移動します

雨ですが
屋根の付いている遠回りルートではなく
本館の
「記念写真を撮りませんか?」ポイントの
すぐ横のドアから外へ出て
一直線へイルカ館へ

イルカショーは
楽しめました
        

スタッフへプレゼントを運んだり

       
ジャンプしたり
       

勢ぞろいで挨拶をしたり

盛り上がっていました
だって
園児たちが
いっぱいいたんです

      

今の園児たちって
帽子にいろんなワッペンをつけても
いいんですね
個性をアピールしていました
ママも大変なんだろうなー

そんな園児たちの
すぐ後ろの席だったのですが
うちの姫(1歳4ヶ月)はというと
直前まで爆睡していて
寝起きすぐのイルカショーだったし
しかも
間近じゃなかったからか
そこまで興奮せず

      

ショーの終了後は
エレベーターで下へ降りて
そこにあるベンチで
食べ損なっていた姫に
お昼ごはんを食べさせました

あ、ちなみに
イルカショーの会場のイルカライブ館までは
ベビーカーでもいけるのですが
会場のすぐ外に
ベビーカー置き場があるので
そこに停めて
外階段を上って
ショーの会場中に入ります

お昼を食べて
眠気もどっかに吹っ飛んだ姫は
アナコンダのトンネルに
意気揚々と入っていきました

              
        
トンネルの
すぐ横を見たら
アナコンダが見えるはずなのですが
1歳児の姫に
このトンネルの本来の意味が
わかったとは思えず
純粋に
トンネルくぐりを
楽しんでいました

目玉のイルカショーを見終えてからは
ペンギン館を見たり
ラッコ館を見たり       
           
ラッコ館は
スロープがあるのでベビーカーでも
もちろん中に入れるのですが
さらにその下の階へは
エレベーターもあるのですが
衝撃の小ささ

トイレもそうだけど
スマスイって
昔ながらの造りのままなので
それをバリアフリーに補強した感じなので
ベビーカーで
小さい子ども連れで
すいすいと、って
感じではないかなー

逆に
それがワタシら大人にとっては
懐かしくていいのですが


1歳児の姫が
結構食い入るように見ていたのが
アマゾン館(の水槽)の大きな魚

       
カラフルじゃなくても
大きいから見ごたえが
あったようです
        

順路に沿って進むと
トンネル型の水槽の内側を進めるので
姫、そこでも興奮

真上を見上げる、というよりは
自分の目線の近くを見ていましたが
(それなのになぜか
 本館の大水槽には
 あまり興味がなかった
 子どもは予測できません笑)

      


他には
ピラニアを見たり
ワニを見たり
カメを見たり



「すじこ、食べたい」と思ったり
清掃中のスタッフを眺めてみたりして
売店エリアの屋根の下を通って
本館に戻る
         

男の子だったら興奮するような
展示デザインの道を通り

         
        
        

深海のきれいさを実感したりして
大人が歩き疲れた頃に
全部見終えたので
帰ります
          

おとんと同じ年だった
今後もきっと
お世話になります

.........................................................................................................

                  クリック、よろしくおねがいします:)
                    
                       にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマスイに来てみた(前半) | トップ | 鶴見緑地公園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

育児の話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。