mia's看護日誌

みあず かんごにっし
看護の原点を追い求めています

ゴーストライター

2016-10-17 | 一般
テレビでよく見かける
あの有名なコメンテーター、A氏。

今、うちの病棟に入院している。

入院していることは、
おそらく世間には公表していないんだろう。

完治する病気なので、治療が終われば
短期のうちに元気になって退院されるはず。

テレビで見るA氏は、
いつもていねいな口調で話し、
表情も優しく、温和なイメージがある。

だけど現実は違った…!

とにもかくにも態度が横柄。
態度はデカイくせに、注文はいちいち細かい。
いつまでもネチネチ文句を垂れる。
あの優しい表情はテレビ限定だったのか?

確かに、病気や怪我の苦痛は
人格を変えてしまうことさえある。

だけどA氏の場合…
決してそうではないはず。

食事を運んで行けば、
「今度は豚のエサかなぁ〜?さっきは犬のエサだったねぇ〜」
「病人になるとこんなものを食べさせられるんだねぇ〜」

付き人(?)に
「おい、〇〇(呼び捨て)!何か食えそうな物を買って来い。」

看護師に
「おねぇちゃん(ニヤニヤ)、この近くで美味しいお店探してくれる?」

その他にも、
テーブルの上に足を乗せる。
全館禁煙なのにタバコを吸う。
看護師に年齢や彼氏の有無を聞く。
など、モラルが問われるような行動もチラホラ。

「ゴチャゴチャうるさいジジィだな!」
「そんなこと看護師に頼むんじゃねぇ!」
「テメェも所詮はエロジジィじゃねぇか!」

と腹のなかで叫びつつも
大人の対応で、失礼のないように
そつなくかわしている。

そんなA氏。

私たちは看護師であるのと同時に
一視聴者でもあるのに、
残念なことにその辺の意識が薄く、
自ら化けの皮を剥いでいる。

興味本位で、
A氏の名前をGoogleで検索してみた。

そうすると、出てきた
A氏のブログ!

ヤツはブログなんて書いてるのか(笑)

どれどれ、どんなことを書いてるのかな?
とのぞいて見ると…

まぁ、どの口が言うんだというくらい
素晴らしい内容の記事のオンパレード!

しかもマメに更新されていて
読む者を虜にさせるほど
温和かつ芯のブレない人柄をイメージさせる内容。

これはテレビのキャラだな。

腹黒いなぁ〜視聴者を騙して悪いヤツだ。

…ん?
待てよ⁉︎

入院中も毎日欠かさず更新されている。

この日に投稿されているこの時間帯は
ヤツは検査中だったはず。

この日は、こんな遅い時間に投稿してるけど
夜勤で巡視した時
寝てたぞ⁉︎

そもそも、入院中に一度も外出泊していないのに
どうして、〇〇に行きました、と
写真付きの記事をアップできるんだ?

不思議だなぁ!

やっぱりゴーストライターはいるんだな。

世間にバレると仕事がなくなっちゃうよ。
私は言わないけど。

たぬきジジィめ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医者という生き物(2/2) | トップ |   

あわせて読む