訪問販売ブラック&評判の良い企業【転職ナビ】

訪問販売から住宅メーカーまで評価が良い企業やブラック企業まで情報を配信

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

欠陥住宅のブログ、どの住宅メーカーでも…

2016-12-28 18:40:03 | 日記
欠陥住宅を訴えるブログは探せば山のように探すことですが、基本的には大規模な住宅メーカーの場合は必ずと話しても良い程に欠陥住宅ブログを探すことができます。

特に低費用系の住宅メーカーに欠陥住宅を報告するブログが多いように道(ド)感じますが、実際には大有名住宅メーカーでも欠陥住宅は存在しています。

【タマホム】私アイダ設計やパナホム、日照公務点(店)のしようブログが明確に考えられますが、少し詳しく調査したみなと…大和ハウスや三キスイハウス、住友林業でも多くても少なくても欠陥住宅を報告するブログは存在しています。




しかし、何年前から多くなってきている欠陥住宅の話題は、「アサヒ放送・大改造! 劇的【ピポアアフタ】」でリフォーム一戸のしようですね。

これはリフォームであり伸縮(新築)ではないが。

アサヒ放送の「大改造! 劇的【ピポアフタ】」の欠陥住宅の一つの例で探したのが、大きいdanzaを解消すれば良いという施主の悩みに対し建築家がリポマン「あえてdanzaをそのまま残した」ガイです。


これ話が冷静に考えるので、施主の意向が完全に反映されないでいるので欠陥住宅になって当然であるわけですね。


すると、なぜこういう滑稽なのがなってしまいますか?


その理由としては、【ピポアフタ】はテレビ番組の構成上として、最後に施主が驚く形を演出として必要としているためですね。

この驚く形を照らすために、リポムジョンに施主と建築家は別に合意をしないということだといいます。


これでは施主の意向を反映できないのも納得ですね。



この「アサヒ放送・大改造! 劇的【ピポアフタ】」の場合はテレビ番組ラですることは特別な事例ですが、事実はここに欠陥住宅になってしまうのか違っているかが重要なヒントが隠されていると考えるのです。


それは、施主と建築家が確かに合意をしないでいるという部分.

その次に、家が完成される時まで施主は現場を見に行かないでいる。

その上、重要な自身の家をテレビ プログラム側に任せてしまっている。


どうですか?


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ピアスホム】ウイ根気震の... | トップ | 【イ・シンホダイコン】ウイ... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。