箕面三中 校長室からのメッセージ

おもに保護者のみなさまに向けたメッセージです。生徒の近況を伝え、教育と子育てについて少しでも参考になればと考えています。

修復しようとする

2017年07月06日 13時10分27秒 | 校長からのメッセージ



冒頭の写真は、3年生のある生徒が書いた「わたしの行動宣言」です。

誤解をおそれずに言うならば、いじめなどで、誰かが人を傷つけてしまうことは、よくあることです。

人間は弱くて、簡単に過ちを犯すので、他者を傷つけてしまうからです。

でも、大切なことは、傷つけぱなしにして無関心をきめこまないことです。逃げないことです。

傷つけた側が逃げだすと、傷つけられた側は触れられるのをおそれ、鋭いトゲを張りめぐらせます。

もし相手を傷つけてしまったなら、傷つけたままにするのではなく、なんとか修復できないかと自分で考え、判断して、行動すること。

そして、自分がこうすべきだと考えることを貫くこと。

「いじめZERO」は、いじめをZEROにするのではなく、いじめをZEROにしようとするとりくみである。

結果ではなく、プロセスを大事にするとりくみである。

このように、わたしはこの生徒の行動宣言を読みときます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« English Circleで英語に親しむ | トップ | 学校は、人と人との「交差点」 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。