箕面三中 校長室からのメッセージ

おもに保護者のみなさまに向けたメッセージです。生徒の近況を伝えるとともに、教育と子育てについての情報をお伝えします。

徳は弧ならず

2016年12月28日 18時21分27秒 | 校長からのメッセージ

アニメ「ONE PIECE」は、少年冒険アニメの王道を行く漫画です。そこに出てくる主人公のルフィの行動はハチャメチャですが、彼には仲間や協力者が、入れ代わり立ち代り集まってきます。

これは、ルフィがいつも他者のことを思う人だからでしょう。

仲間のためなら自分のことはそっちのけで、自らの命もいとわない性格で、いわゆる人徳を備えているから、人が集まってくるのでしょう。

孔子は論語の中で、「徳は弧ならず、必ず隣あり」といっています。

人徳を備えた人は孤立することがなく、困ったときでも必ず周りには、助けてくれる人がいるのです。

三中でも、やはり友だち思いの生徒は、クラスや学年でも支持を受け、多くの生徒が周りに集まってきます。

この意味で、今でいうクラスの中のリーダーとは、統率力があり、クラスのみんなをグイグイとリードしていく人物ではないのかもしれません。

むしろ、友達思いで、なおかつクラスメートとクラスメートを結ぶ「つなぎ役」(=潤滑油)の役割をする人がリーダーであり、人が集まってきます。

最近の社会・世の中では、「個人化」が進み、関心が他者よりも自分に向く傾向があります。他者とのつながりが弱くなっています。

かつ、多くの人が「わたしのことをわかってほしい」というヒリヒリとした気持ちで、自分を軸として言動することにもなりがちです。

三中の生徒たちも、例外ではありません。そこで、学校では「集団づくり」に力を入れ、子ども同士のつながりを強くする取り組みを行っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 生きていさえすれば | トップ | 空気を読まないといけないの »

コメントを投稿