箕面三中 校長室からのメッセージ

おもに保護者のみなさまに向けてのメッセージです。
教育と子育てについて、少しでも参考になればと考えています。

ふつうの一日

2017年05月15日 20時08分33秒 | 校長からのメッセージ



昼休みに、外でボールを使い、遊ぶ生徒。

30年来、この昼休みの情景は変わりません。

変わった点といえば、最近は男女でいっしょに楽しくバレーボールを使い、遊んでいる点でしょうか。

もっとも、いまの時代、男子・女子と分けて考える必要もないのかもしれません。

体の性と心の性が一致しない生徒もいるからです。

それにしても、2年前と比較して、昼休み時間を外で過ごす生徒が、かなり増えたように感じます。


もう一つの写真は、5月の「マイアニバーサリー」からです。

箕面の山に登り、眼下にパノラマのように広がる景色をみた。思わず、自分の心が晴れていったようすをうまくあらわしています。

自然の力は大きいと、あらためて思います。

学校での、ありきたりな、ふつうの生活を過ごせること、また自分の気持ちを素直に表現できる学校に価値を見出します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 教育者は、生徒を解放する | トップ | 想いを詩に綴る »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。